2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

社会と心の恒常性を保つ機能が破綻しつつある

1 :オーバーテクナナシー:03/05/24 07:31 ID:GfR0Kynd
倫理観の欠落、凶悪犯罪の増加、それを生み出すとされる陰惨な悪夢のような映画、
子育てできない幼児虐待に走る親達、学級崩壊を引き起こす子供達、
強い精神的なストレスを生み出す不毛化した社会、
その中で過労死や自殺が増えつつあるのが現状。

社会の歯車が一斉に狂い始めた原因は、社会と心の恒常性を保つ機能が破綻しつつあるから。
現代社会は、自己治癒力を発揮できない、不治の病に陥りつつある。

では、どのようにすれば、深層心理の次元に存在しているシステムを修復できるのだろうか。
これはどうやら、心理学の分野から、社会の恒常性を保つインフラのメカニズム、
つまりは、深層心理の次元に生じている故障を、どう修復するか検討しない限り、
解決しないテーマらしいが、心理学では、この次元をブラックボックス視していて解決不能。
ここは一つ、未来の心の科学を用いてアプローチするしかないらしい。

現代文明社会を破滅の危機から救おうと立ち上がる勇者達よ、
人類の社会と心のホメオスタシスについて、御意見をどうぞ。

2 :遊び人の玲さん ◆xdia1GUtho :03/05/24 07:53 ID:bOctGIy6
学級崩壊は、教育現場が機能しなくなる現象だから、
人類の文明社会そのものが成立しない状況を招きかねない。

ここの問題の対象療法を語るのは難しくないが、
社会システムのホメオスタシスとなると、アプローチは難しいかな。

3 :オーバーテクナナシー:03/05/24 14:52 ID:zZSsIwWh
社会人に心は要らん

4 :オーバーテクナナシー:03/05/24 15:14 ID:vzb3MBxe
うーん、>>1が2chを止める事かな?

5 :オーバーテクナナシー:03/05/24 15:40 ID:D2XcsQ+P
>>1
意外だろうが、その答は民俗学にあるぞ。

6 :遊び人の玲さん ◆xdia1GUtho :03/05/25 06:31 ID:w3EZDAo7
>>5
民俗学っていうと、タブーの研究などを通じて明らかになることでしょうか。
タブーや罪の意識を喪失した文化が、それを回復する方法が示された事例を知りません。
失われていく現象を、ありのままに書きとめる程度のことしか、
民俗学にはできていないのではないでしょうか。

7 :オーバーテクナナシー:03/05/25 07:39 ID:DuxA29if
まー対象に介入してはいかんことになっているからな>>民俗学

8 :名無しさん:03/05/25 08:09 ID:182HU1j8
1で挙げられてる問題も、地球環境問題も人口問題も、
文明化によってもたらされた現代病(化学物質・電磁波被害等、医療問題、ライフスタイルの乱れ等)も、
全部同時に始まって進行しているよね。
これは何かが人類に過ちを警鐘している証だと思ってる。
おそらく今のままでは近い将来人類は破滅か、一昔前の生活に戻るかを選択させられると思う。
逆にすべての問題を解決させる事が出来る道も一昔前に戻る事でしか開けないはず。
時間が限られてる中で膨大に生まれ、一つ一つが過去の人類にとって見ても解決が難しい問題ばかりで、
対症療法的処置をこうじても破滅まで時間の問題。

決して昔の社会に問題がなかったわけではないけど、今に比べたらまだマシだったし、過去存在した問題(身分差別や戦争など)
の多くはモラルに起因するところ大きいと思うから、人類が先、破滅せず進みたいのなら、
一旦過去の社会に戻り、そこからゆっくり正しい発展の道を模索していくしかないんではないだろうか。

9 :オーバーテクナナシー:03/05/25 08:52 ID:ggULXZ2e
>>8
無理

10 :5 ◆cJlGdOEnSY :03/05/25 09:46 ID:QBvt3AH7
全ての倫理は風土・風習から生まれてくるという事だ。
民話・神話などに様々な生きる知恵が隠されていてそれはどのように社会を築いていくかを
教えている。
例えば日本各地には妖怪伝説がある。妖怪というのは人間に似たところもあるが、違うところもある。
自分たちとは違う民族と接触したときにどのように接したら良いのかと言う事の見本で、つまりは
外交政策の手引書とも言える。
外交などオーバーな事を言わなくても他人との絆をどのように結んでいくかを教えてくれる。
森の中に見知らぬ妖怪がいるとすれば自分たちが生態系の一部であることも認識される。

民話・神話・風土・風習などからその土地に適した宗教が生まれてくる。宗教が嫌いなら道徳と言っても良い。

>>6
>タブーや罪の意識を喪失した文化が、それを回復する方法が示された事例を知りません。

俺は知っている。
何例かあるが、最もエネルギッシュに行われたのはアメリカにおける犯罪対策だ。周知のとおりアメリカでは
1980年前後「病めるアメリカ」として世界的な犯罪国家となり、刑務所が満員になり刑の軽い物から釈放する
までになっていた。
それが最新心理学に基づく教育方法が確立され凶悪犯罪を犯した少年に様々なカリキュラムを経て更正させる
事に成功し、比較的軽い犯罪者には外出許可も与えられ又、職業訓練なども受けられるリラベルな刑務所を
作るなど犯罪者の罪の意識を促し、いずれも成果を上げている。
その他、子供番組や学校教育でもその方針が転換され以前のような犯罪都市化を防いでいる。

宗教板か哲学板か民俗学板でやる内容だと思うが。
さもなくば
★ テクノロジーで犯罪ゼロ社会は可能か ★
http://science.2ch.net/test/read.cgi/future/1030521266/
この辺だな。

11 :遊び人の玲さん ◆xdia1GUtho :03/05/25 17:03 ID:sx66oMQt
>>10
犯罪多発国家USAからの脱却は、一応成功しているようですが、
これは、民俗学的アプローチなのでしょうか。

民話・神話などの、精神文化の教育のために生得的に遺伝子記憶レベルで用意された、
教育システムへと反映していないようなので、
自律的に社会の恒常性を保つシステムが、回復したとは言えないように見えますが。

風土・風習と呼べるものを、新たに生み出したと言うには、
精神文化の教育レベルでの、恒常性を保つシステムの回復が必要で、
説話への反映は、一つの物差しになると思われます。

意識上の表面的な教育では、現在日本で増えつつある、
突如切り裂き魔に路上で女性が襲われるといったケースに対しては、有効性は発揮されず、
今後も増えていくだけのように思います。

12 :オーバーテクナナシー:03/05/25 19:38 ID:ggULXZ2e
>>11
軍事国家に戻せということですか?

13 :山崎 渉:03/07/15 13:06 ID:NKfSp5AU

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

14 :山崎 渉:03/08/15 19:06 ID:K8BsyPay
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)