2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スペース、フライヤーは出来ないの?

1 ::03/08/06 14:07 ID:i84JLxxI
 地上と宇宙を自由自在に往復可能な、宇宙飛行機
は制作出来ない物か?

 エンジンを3種類載せれば、推力面での不安は無くなり
そうな物だが。
 地上0m〜高高度まで、通常のジェットエンジン
 高高度〜大気圏離脱まで、スクラムジェット
 大気圏離脱以降は、ロケットエンジン


2 :電脳不信症候群:03/08/06 15:43 ID:KVBSARjQ
>1
そこまでして何しにいくの?
何かと不便だよ、出ちゃったら。気温差なんか砂漠地帯よりヒドイ。

3 :オーバーテクナナシー:03/08/06 16:42 ID:pJklQ7x1
宇宙に出ると舟幽霊がいて、杓で真空を組み込まれて沈没する。
だから底を抜いた杓を渡すんだそうだ。
スペースシャトルなんかでも必ず底を抜いた杓が備えられているんだぞ。


4 :オーバーテクナナシー:03/08/06 17:38 ID:KT2oa8IL
宇宙まで線路を延ばせばいいだけ

5 :電脳不信症候群:03/08/06 17:51 ID:KVBSARjQ
惑星規模のジェット・コースターみたい。すげー。999のプロト・タイプ?
維持費、かなりかかりそう。

6 :オーバーテクナナシー:03/08/06 23:23 ID:aJi8txqv
>5
起動エレベータという言葉は知っている?

7 :オーバーテクナナシー:03/08/07 13:17 ID:uuxc8UzL
>>2
補助動力を使わずに単体のみで大気圏離脱出来る乗り物
なら、結構魅力的だと思うが?ついでに、大気圏内でも、
自由に移動できれば何かと便利ですし。

8 :電脳不信症候群:03/08/07 15:04 ID:4iRHdqCn
>>6
起動エレベータの建設ってどうやって始めるのがオススメなの?
まず地上ではドコに設置するのかっていう点。アツイ場所(赤道直下)は個人的に×だなー。
で、ツクリ始めは宇宙から?ステーション、中継して?

>>7
研究用として?ツアー用として?
僅かながらではあっても大気破壊するのは気が引けるなぁ。

9 :電脳不信症候群:03/08/07 15:06 ID:4iRHdqCn
失敗、失敗。“起動”じゃなく“軌道”だよな?
ツラれて書いちまった。

10 :オーバーテクナナシー:03/08/07 15:34 ID:uuxc8UzL
>>8
 用途を限定する必要は無いよ。温度や空気の問題なんて
スペースシャトルでクリアーしているでしょ?
 要は、補助動力(ブースター等)をつける必要が無い
飛行機ですから

11 :オーバーテクナナシー:03/08/07 15:41 ID:uuxc8UzL
>>10
 少し訂正。
 補助動力等をつける必要が無く(低予算)
大気圏を離脱&突入可能な飛行機ですから。

12 :電脳不信症候群:03/08/07 15:57 ID:4iRHdqCn
どのくらいのGに耐えなきゃいけないのかな。
俺、虚弱体質だからムリそーだ。ヒコーキ乗るのはすげー、好きだけど。

13 :オーバーテクナナシー:03/08/08 13:17 ID:8ZsfT6H+
 近い将来、宇宙産業が活発になる事は解りきっている為、
安価で手軽に宇宙へ行ける若しくは、大気圏を離脱出来る
方法が必要だ。

14 :オーバーテクナナシー:03/08/08 14:44 ID:WBtwwQ0v
単純な話、折角大気に酸素があるんだから、高度ゼロから酸化燃料や液体酸素を使って
燃料を重くするのがもったいないんだろう。

15 :オーバーテクナナシー:03/08/08 15:03 ID:8ZsfT6H+
>>14
 燃料もそうだが、半分使い捨てのブースターやそれに伴う
重さと予算が勿体無い。

16 :オーバーテクナナシー:03/08/08 15:40 ID:vKm+U9ud
自由自在に往復可能なら安くなると思ってる連中が多いが
実際にリサイクルしようとすると使い捨てより金がかかるもんなんだよ。

いや、本当に!!

17 :オーバーテクナナシー:03/08/08 16:07 ID:TTgApnE6
らしいね。
メンテに関する各種コストがバカにならないらしい。

18 :オーバーテクナナシー:03/08/08 23:20 ID:0sZuUSRv
>14
それをスクラムジェットと呼びます。

19 :オーバーテクナナシー:03/08/09 14:49 ID:i++Hrdxs
>>16
 例えは変だが、アメリカへ行くのに、片道の使い捨てロケットで
行くより、往復可能な飛行機の方が高く付くのですか?

 将来は、宇宙へ行く乗り物も現在の飛行機のような、手軽に乗れる
乗り物になるのは、宇宙産業活性化のために必要な条件ですし。

20 :オーバーテクナナシー:03/08/09 14:52 ID:i++Hrdxs
>>18
 スクラムジェットとは、ジェット機が高速になればなるほど
エンジンに入る空気圧が高くなる為に、圧縮装置が必要の無い
ジェットエンジンの事ですが・・・

21 :オーバーテクナナシー:03/08/09 16:15 ID:UPsRKSme
>>19
たとえが変過ぎる。
大気圏突入時に機体がボロボロになるので、修理と点検が高コスト。



22 :オーバーテクナナシー:03/08/09 16:41 ID:BIG0HDiZ
>>20
それはラムジェット一般の説明。
スクラムジェット(超音速燃焼ラムジェット)は
流入空気を減速せず燃焼が超音速で行われるラムジェットの一種。

23 :オーバーテクナナシー:03/08/09 17:48 ID:FFKn1f66
>>21
今の技術で作るとそうなるってだけだろ技術開発で飛行機並みの整備保守で
可能になるまで努力すればいい
ここは未来技術板なんだぜ

24 :オーバーテクナナシー:03/08/09 18:09 ID:l//3Q8lw
>>19
往復可能な再使用機がなぜ良いのか
それに関する間違った理屈すら知らずに良いと思い込んでない?

>手軽に乗れる乗り物になるのは、宇宙産業活性化のために必要な条件ですし。

ええと、これは往復可能な再使用機が開発される理由としては間違っています。
本当の理由は小さな物を衛星軌道に上げるのにバカでかいロケットを使い捨てに
するのは金がかかるから、それに代わる安価な乗り物として造られた訳ですが…
アメリカが見事に失敗してしまったのは宇宙人の存在以上に秘密です。

25 :オーバーテクナナシー:03/08/09 18:19 ID:Y9EHxZqR
パート2もやっぱり3人で責めちゃうんですね。
大きくて形のいいオッパイを持っているだけあってやはり騎上位が得意なようです。
オマンコに吸い込まれていくチンチンもいいですけどオッパイの揺れ具合がなんともいえませんな。
http://www.exciteroom.com/


26 :オーバーテクナナシー:03/08/09 18:26 ID:YQ9QGHIz
>>24
おまえは嘘つきだ

27 :オーバーテクナナシー:03/08/09 19:57 ID:PfEDv2DJ
ウソじゃないけど、ホントでもなさそうなかんじ。

28 :あさがお:03/08/09 20:57 ID:SS//OA91
http://elife.fam.cx/a010/

29 :オーバーテクナナシー:03/08/10 00:22 ID:xtcvhk1D
写真集だよん☆☆☆☆☆☆
http://www.sexpixbox.com/pleasant/sexy/index.html



30 :オーバーテクナナシー:03/08/10 03:29 ID:QEJl2Su0
軽量で堅く、温度に非常に強い素材が見つかればいいんですね?

中性子星のように、原子でイッパイ詰まった素材を開発するとか・・・。重くなりそうですね。それ以前に維持できないかも。

素人考えでスマソ。

31 :オーバーテクナナシー:03/08/13 13:29 ID:/zdxJzKd
>>30
 C20とかは、駄目ですか?

32 :オーバーテクナナシー:03/08/13 14:05 ID:NC11OaFh
C−20では絶対に宇宙に行けないと思う。
http://www.theaviationzone.com/factsheets/c20.asp

33 :31:03/08/13 14:14 ID:/zdxJzKd
>>32


34 :31:03/08/13 14:20 ID:/zdxJzKd
>>32
 済みません、C20ではなくC60(フラーレン)でした。

35 :オーバーテクナナシー:03/08/13 16:33 ID:NC11OaFh
C-60でもやっぱり宇宙には行けないと思う。
http://www.warbirdalley.com/lodestar.htm

36 :abc:03/08/13 16:42 ID:FHUZbG8q
お気に入り集 ☆
http://beauty.h.fc2.com/


37 :オーバーテクナナシー:03/08/14 19:31 ID:nEHNSDyd
物質で防ごうとするから駄目なんだよ
電場とか磁場とかで防ぐことを考えろよ

38 :オーバーテクナナシー:03/08/14 19:49 ID:zMETYyoY
黒いヒモパンが妙に色っぽい女性です。
ちょっと年はいっているようですが円熟味のあるSEXシーンを演出してくれています。
見てくださいフェラの時のほっぺのくぼみ。
カリ首にまとわりついて離れない強力スロートですよ。
他の援交美女も乱れてます。
無料ムービーでお楽しみ。
http://www.geisyagirl.com/


39 :オーバーテクナナシー:03/08/14 23:28 ID:Y8vrRZ3M
 大気圏突入直前に音速レベルまで減速すりゃいいんだよ!



 とか言ってみるテスト。

40 :オーバーテクナナシー:03/08/14 23:38 ID:O8091zll
>>39
高角度で地球に落ちて大気圏で燃え尽きる。スペースシャトルでも。

41 :オーバーテクナナシー:03/08/15 17:19 ID:lhhARblx
>>40
その説明で分かるのかな? 
下手に減速すると加速してしまう理由…

42 :オーバーテクナナシー:03/08/15 18:03 ID:RYfUc/hI
 要するに、最大の問題は大気圏突入という事かな?


43 :山崎 渉:03/08/15 18:04 ID:ZVW+N8Ng
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

44 :オーバーテクナナシー:03/08/16 23:36 ID:ZzZV8Fyk
>>42
そういう事らしい。俺も以外に思った。宇宙開発は燃料食いまくるのが
難点だったから。

この間知って驚いたのは大気圏突入時の高温は大気との摩擦によって
起こるのではなく、高速で落下する事により大気を圧縮して高温になるとか。

高度30km以上で落下速度を遅らせるにはロケットによる逆噴射しかない
わけだが、それだともっと燃料食うし

45 :オーバーテクナナシー:03/08/17 00:28 ID:Ks3f7itB
じゃあ、後方の空気を前方に噴き出したらバリヤーになる?

ならないか。わかってるよ。

46 :オーバーテクナナシー:03/08/17 00:34 ID:NsfAcoR6
余計、圧縮しちゃうでしょ。

47 :オーバーテクナナシー:03/08/21 13:32 ID:PzOqrQ+k
 いっそうの事、減速の為のパラシュートなんかどうだろう。


48 :オーバーテクナナシー:03/08/23 14:01 ID:HzbLpmH/
 そう言えば、火星探査機も減速の為に、パラシュートを
使った気がするが。


49 :オーバーテクナナシー:03/08/23 17:20 ID:7Rlnv18V
火星の大気は地球よりずっと薄い、だからパラシュートでも無理なく減速が可能。
地球の大気圏で同じことやったら、減速しすぎて突入角度がきつくなって燃え尽きる。


50 :オーバーテクナナシー:03/08/27 13:13 ID:dvamvkdD
>>49
 よく解りませんので、詳しい説明をお願いします。
 減速すれば、大気との摩擦速度が遅くなるので高熱の発生を
防ぐことが、出来ると思いますけど?また、大気を圧縮する力
も、低くなると思うが?

51 :オーバーテクナナシー:03/08/28 00:04 ID:EBF9cT5d
 パラシュートが有効に使えるくらいに減速できたなら、そのまま地上に
降りてこられるわな。
 火星探査機がパラシュート使った、つーのは確かなのか?空気抵抗による
減速をしたとしても普通に言う「パラシュート」ではないのでは?

52 :オーバーテクナナシー:03/08/28 11:35 ID:gRk/nHUO
>>51
接地する最終段階だけど、パラシュート使ってます。
さらにエアバッグもつかってますね。

53 :オーバーテクナナシー:03/08/28 17:30 ID:KjfqCAuD
>>50
詳しい事は判らんが…
衛星軌道は重力と遠心力がつり合っているからその高度を維持出来る
それは減速すると重力に引かれて高度が下がってしまう事を意味する訳だが

しかし問題なのは、高度が下がる事によって速度が上がってしまう…いや、マジで!
つまり高い所から落下する事で加速してしまう、そんな感じだ…
これが突入角度がきついと燃え尽きる理由だったりする。

どう言う事かというと、例えば…
パラシュート使って急減速する、そすると高さを維持出来ず突入角度がきつくなる
重力加速度によって速度が増す、そして温度が上昇して最後には燃え尽きる。

これがパラシュートが使えない理由だと思うが、どうかな?

54 :オーバーテクナナシー:03/08/28 21:21 ID:EBF9cT5d
>>53
 確かに高度が下がると速度が上がる、ということは軌道上では当然のことだが、
ここで言ってるのはパラシュートが使えるような速度領域の話だろ?
 軌道上の速度ってのはマッハ数十くらい。こんな速度で空気中を動こうものなら
よほどの希薄大気中でない限り燃えちまう。当然パラシュートなど使えん。
 逆にパラシュートが使えるくらいの速度(音速より十分遅い)で成層圏位の
ところなら、自由落下でもマッハ2−3程度。普通に空気抵抗がかかるなら
音速も超えないんじゃないかな?ジェット機とかと同じ速度領域だから燃え上
がったりもしない。パラシュートが地表まで使えるか、というとかなり怪しいが、
何段もパラシュートを展開していけば何とかなるんじゃないかな。

55 :オーバーテクナナシー:03/08/29 08:48 ID:Vvxs1w2p
パラシュートがすぐ燃えそうな気が・・・。

56 :オーバーテクナナシー:03/08/30 13:21 ID:StIeQ39E
>>50
 大気がある所なら、何処でもパラシュート減速が効くと思いますけど?
だから、希薄な大気しかない火星でもパラシュートで減速できたわけだし。
 逆にいえば、空気が無いところで幾等パラシュートを使おうとも、減速
効果が出無いのは、当たり前とも言える訳で・・・・

 大気圏突入時に熱が発生するのは、大気が有るからなので、大気が有れば
パラシュートが有効に作用するのでは?と言う事です。勿論、パラシュート
作動圏内に入るまでに、どれ位加速度がつくのかは不明ですが。
 

57 :オーバーテクナナシー:03/08/30 14:46 ID:fJ8/dY/n
なぜ誰もバリュートとか言わない・・・・・

58 :Kひげ:03/08/30 21:50 ID:kkb+DJEg
宇宙に行くのに、ロケットではなくエレベータを使っていく、方法が
実用化されそうになっている、カーボンファイバー(ナノチューブ
とか書いてあった)のロープを使ったもの。
方法は昔からいわれている方法、停止衛星軌道より上に軌道をとり
停止衛星と同じ角速度で自転させると外にいこうとする力が発生する
この力をロープで引っ張ってやれば停止軌道になりこのロープにエレベータ
をつけてやれば宇宙まで行ってしまう。突入も減速も、燃え尽きもしない。
ただとてつもないカーボンロープの強さがある。

59 :オーバーテクナナシー:03/08/31 18:27 ID:Nz4CX/Xt
>>54
>ここで言ってるのはパラシュートが使えるような速度領域の話だろ?
残念ながら違うんですよ〜、
そもそもジェット機とかと同じ速度領域にするのが大変だから
そこまで速度を落すのにパラシュートはどうかって話だったんです。
忘れてるかも知れませんが…

パラシュートが耐えられないのを無視して話してたから誤解したんですね、
…ごめんなさい、まぎらわしかったですか?

60 :オーバーテクナナシー:03/09/05 17:23 ID:WMjou7wS
 そもそも、パラシュートと聞いて布製の様な物を想像するから
無理なのである。
 要は、ジェットエンジンが使える速度領域まで減速出来れば良
いのである。つまり、折畳が可能で十分丈夫であればどんな材料
でも、良いのですが。
 途中で切り離して、使い捨て仕様にするならば安価な物でも良
い訳ですし。

61 :いなんず ◆de72LpBndk :03/09/05 19:12 ID:mChFy5mB
質量200tの飛行機だとして、そいつが軌道速度約6km/sで回っている場合、
普通に空を飛べる範囲・・・亜音速0.3km/sまで減速するときに
(6 x 10^3 )^2 x 200x10^3 / 2 - (0.3 x 10^3)^2 x 200x10^3 / 2 ≒ 3.6[GJ]
の運動エネルギーを失う必要がある。

3.6GJというと100MWh級発電所がフルパワーで作り出せる
1日半分のエネルギーだわな。

大気圏突入と言うのは、そもそもそこら辺にある空気を使って
このエネルギーを安全に放散させるのが目的であって
熱が出て当たり前。

62 :いなんず ◆de72LpBndk :03/09/05 19:38 ID:mChFy5mB
逆に、軌道に乗っける操作のときも、
これだけのエネルギーを発生する燃料を搭載しないといけない。

水素・酸素による化学反応で3.6[GJ]を得るためには270[t]の水素+酸素から成る
燃料を搭載する必要がある。

実際にはこれに、
加速時に使用する燃料も動かさないといけない分
余計なエネルギーが必要になるので燃料はもっと必要になる。

63 :オーバーテクナナシー:03/09/05 21:29 ID:s2bTh0ng
そもそも、重力ってなんやねん!

64 :オーバーテクナナシー:03/09/06 00:11 ID:5hbsgSzV
>>63
そんな難しすぎる質問を突然言われても…

65 :オーバーテクナナシー:03/09/06 09:37 ID:gaHFDZ6+
>>60
 それを言うなら現在スペースシャトルで使われとる断熱材も機能としては
同じことになるのだが・・・。

66 :オーバーテクナナシー:03/09/06 11:18 ID:aelGbfwU
>>61,62 よく解った。結局無理ってことですね。

重力って、逆円錐の形をした穴って思ってますが。

67 :オーバーテクナナシー:03/09/06 11:19 ID:aelGbfwU
蟻地獄みたいな

68 :オーバーテクナナシー:03/09/06 11:53 ID:fQyqu9LB
月とロケットにワイヤーを繋げて、大気圏時に徐々に延ばしていくのはどうでつか?ロケットにワイヤーを引っかけて、月の方で延ばせば、ワイヤーの重量もかからないし。

69 :いなんず ◆de72LpBndk :03/09/06 12:54 ID:yVaKf2O8
>>66
いや、無理って事はないんだな・・・・

つまり、>61の問題も>62の問題も
実は燃料や機体の重さに対する出力不足が原因で発生している問題なわけ。

したがって、化学反応に頼らないもっと高効率なロケットがあったり、
200tも重さがない機体があるなら、ぜんぜん問題が違ってくる。

SSTOの基本にある技術のうち、今どうしてもできないことは

1.極低温に耐えられる軽量高強度なタンクがない。どうしても金属を使わざる得ない。
2.水素+酸素燃料より効率の高い推進装置がない。

この二つに集約される。

70 :オーバーテクナナシー:03/09/06 14:36 ID:gaHFDZ6+
>>68
 えらくシビアな制御がいるぞ。車や船の曳航だってかなり注意が必要だし、
飛行機の曳航となるとちょっと聞いたことがない。実験はやった例がある
のかも知れないけどねぇ。距離が桁違いというのも馬鹿らしいほど違うから
まず不可能といっていいだろ。

71 :オーバーテクナナシー:03/09/06 17:14 ID:UUBYAeQC
>>68
軌道エレベータより長いワイヤーだな…

それはそれとして、月とロケットがどうやって同じ速度で
地球の周りを回れるようにするのかその辺が謎だ、重力制御装置でも使うのか?

72 :オーバーテクナナシー:03/09/06 18:32 ID:2aJgIabL
>>61
 空気抵抗は、スピードの二乗に比例して大きくなっていく物の筈だと
思ったが?

 つまり、それなりの耐熱素材を使えば、減速も可能だと思う。


73 :オーバーテクナナシー:03/09/07 18:12 ID:R3rapxZD
>>72
それになら、>>65が答えてる。

74 :オーバーテクナナシー:03/09/08 12:23 ID:L27GlrJC
それは、もう合体する感じで。
上面に引っかけるL字フックを。ワイヤーには♀の形ような
金具を。衝撃をなんとか防ぐことが出来たら可能かも。

75 :オーバーテクナナシー:03/09/08 13:20 ID:Nkmgznvy
月の資源で作った耐熱性パラシュート(誰か書いたように布見たいのではなく硬いの)
又はガンダムのようなシールド(俺は皿のような形のシールドを考えた。
宇宙機はその皿に盛り付けられるような形で・・・どうだろうか?)
などを宇宙で補給すればスペースフライヤーは現実的にならんだろうか?
とはいえ、機械にとっても真空状態&宇宙線は過酷な環境で通常の飛行機より
格段に整備コストが掛かるのはどうにもなるまいが。

何にしても月や小惑星などから着陸用の燃料や部品を調達できればいい。
起動エレベーターの整備されてない惑星に下りるには便利そうにみえる。

どうでもいいが、1981年、コロンビア初の打ち上げはスペースフライヤーみたいのを
想像してたが、あんまり従来のロケットと変わらないのでがっかりしたのは
俺だけだろうか?(俺が事前に無知だったから?)

もう一つ、バイキング着陸船はパラシュートを諦め、減速ロケットを使用してたが
現代との技術力の差なんだろうか?

76 :いなんず ◆de72LpBndk :03/09/08 18:51 ID:SgTsnxc1
>75
>宇宙で補給すればスペースフライヤーは現実的にならんだろうか?

宇宙空間に資源と基地があるならそれはOKだけど・・・・・・
今の時点では月に基地を作るよりはシャトルを頑丈にするほうが楽。

>バイキング着陸船はパラシュートを諦め、減速ロケットを使用してたが

パラシュートではなくてエアブレーキはあった気が・・・・

多分大気が薄いかもしれないし、最悪風が強いかもしれないから
パラシュートが設計し辛くてロケットにしたんじゃないかなと。

マーズ・パスフィンダーのときはエアバッグだったし。

77 :オーバーテクナナシー:03/09/09 11:39 ID:OGYDyQv/
現に、いままでパラシュート使って着水や着陸しているのに・・・

78 :1:03/09/17 17:30 ID:IYt37STv
 そもそも、現在の宇宙飛行には、一回のフライトにかかる
予算と時間と重さが大きすぎる。

 メンテ等の時間は仕方がないとして、補助ブースターが余り
にも勿体無く思う。

79 :オーバーテクナナシー:03/09/17 20:56 ID:5GwiHkJ8
 んじゃ補助ブースタは軌道上で回収するってことで。無理?

80 :オーバーテクナナシー:03/09/17 23:37 ID:LynZJ1gw
>>75
>>バイキング着陸船はパラシュートを諦め、減速ロケットを使用してたが
>パラシュートではなくてエアブレーキはあった気が・・・・
パラシュートで減速して、最終段階でパラシュート切り離して、逆噴射で着陸。

81 :オーバーテクナナシー:03/09/18 04:02 ID:1w8oYrHL
>>80
補足、有難う。知らなかった。
火星の大気が薄すぎてパラシュートが役に立たないのかと
思ってた。

82 :時代革新:03/09/18 15:46 ID:qzSe6BbG
例えばUFOのような高度高速移動体の開発は、この未来技術【世界初の新技術 その1】で述べている宇宙原理を用いれば可能なようです。

83 :オーバーテクナナシー:03/11/28 13:06 ID:lAhJF0wU
前々からいわれているがスペースシャトルは低層低速域でも酸化剤使うからねえ
しかも、燃料も液体水素だろう・・液体水素は軽いけど高価だし極低温が必要だわな。

そうだなー、747の上に上が凹んだ三角錘形のHST積んで凹んだとこに背面状態のシャトル
はめ込んではどうでしょう?

高度0−13km 速度0−マッハ0.9 747
高度13km-11km 速度マッハ0.9-1.4 急降下加速
高度11km-25km 速度マッハ1.4-6.0 液化天然ガスSCRAMJET(HST)
                 HSTは東京-NYの旅客輸送も行う
高度25km-200km 速度マッハ6.0-第一宇宙速度 液体水素+液酸(シャトルロケット) 

これで、13kmまでの上昇分は液酸がいらず、燃料は常温のJET燃料
13−25km マッハ6までは液酸がいらず、燃料は液体水素にくらべコンパクトで、
     格安で、20度高い温度で保存できる液化天然ガス。 気体空力加熱冷却剤兼用

ということで、酸化剤と燃料コストが削減できると思われ。

次に途中までリニア中央線兼用の富士山利用のシャトルカタパルト?
マッハ1.6以上で海抜高度3kmのジャンプ台を飛び出すから空力加熱が凄そうだが・・
・・しかもHST省けないし・・・



まあ、軌道エレベーターまでのつなぎってことで・・
 

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)