2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

糖鎖

1 :UF:03/03/01 16:59
最近脚光を浴びている糖鎖は、
さまざまな疾病に関与しており、
今後のバイオロジーの主役になるものと
思われます。
最近の研究動向、研究者、そしてその問題点
についてマターリ語りましょう。

2 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/01 18:09
とりあえず、糖鎖をくっつけてるタンパクから順にあげてみて?

3 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/01 20:11
前にもこんなスレあったけどレスもつかずに倉庫行きになったよ。

4 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/01 23:51
価値は梨。

5 : :03/03/02 00:34
糖鎖なんてやっても一銭の価値にもならん。
一生懸命これをやっているやつは逝ってよし。

6 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/02 11:00
つーか、大学や国研で糖鎖やっているところあんのか?

7 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/02 11:39
  ∧_∧
 ( ´∀`)
 (     )
 | | |
 (__)___)

8 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/02 18:10
  ∧_∧
 ( ´∀`)<モナ-も糖鎖大好きだよ。Glycosaccaroideって言うんでしょ?
 (     )
 | | |
 (__)___)

9 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/03 00:20
東京大学の畑中先生なら知っている。

10 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/03 00:24
ソウカ大が糖鎖では有名でつ

11 :ペル名無しソーム:03/03/03 09:31
糖鎖を認識してブロッティングする技法を確立したら
イースタンブロットを名乗るだろう、って大昔聞きました。
最近どうなんでしょう?ってか、できるのか?できないのか?できてるのか?
糖鎖ってそんなに長いもんなのか?
さっぱりわからん。糖鎖なんて、血液型占いで聞いたくらいだ・・・。

12 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/03 18:29
>>2
糖転移酵素?基質の方?

13 :UF:03/03/03 22:54
>>10
創価大って、どこよ?
>>11
糖さってどのくらいの長さまでいけるんでしょうね?
合成する場合と、代謝で作る場合と。
なんか、糖が6個くらいあって、分岐が1つくらいあるのが、
よく見ると思うんですが、実際に細胞にくっついているのは
どの位の分子量なの?

14 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/03 22:59
>>11
そういう技術は聞いたコトがある。市販のプロトコール集にも載っていたし。
まあ興味もないし、うまく言ってるのかも知らんが。

15 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/03 23:16
14>>
糖鎖を特異的に認識するっていう「レクチン」でも使ってるん?

何処のプロトコール集か、詳細希望

16 :UF:03/03/03 23:24
  ∧_∧
 ( ´∀`)<詳細を希望
 (     )
 | | |
 (__)___)

17 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/03 23:25
>>15
そうだな、詳しいコトは研究室にいかないと分からないけど。そこに本があるから。
糖鎖抗体ってのがあるじゃん。それを使うんだよ。

まあまず糖鎖をHPTLCで展開するじゃん。でそれをアイロンだかなんだかで
膜にブロットする訳よ。で後は普通に抗体加えて検出。

細胞工学の別冊でグリコバイオロジーってあるからそれを見なよ。

>>10
創価大の村松だろ。あいつ、どうなんだろうね?俺には分からん。

18 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/03 23:55
だれがこんなのに予算付けたんだと怒ってたな。

19 :太郎:03/03/03 23:57
>>17
糖鎖を細胞か何かのConjugateから分離する話でしょうか。
その場合、抗体は糖鎖の何を認識して結合するのでしょうか。

20 :17:03/03/04 00:03
>>19
いや糖鎖自体はクロロフォルムやメタノールとその他細かい手法で抽出できるだろ。

で抗糖鎖抗体がどこを認識してるかは抗体によって違うし、なんとも言えないよ。


21 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/04 00:19
@(´・ω・`)@<糖鎖の同定の話だよ。

22 :名無しゲノムのクローンさん:03/03/10 19:16
>>10>>17
Nセンセイなら少し前に産総研に移られました。
もちろん創価にも糖のラボはありますが。

糖の分野は日本が強いですよ。マイナーなせいもあるんですが。
また、あまりインパクトの強いペーパーが出ないのも事実。
JBCクラスは多いですが、それより上がまずないですし
糖専門のジャーナルもまともなのは2つくらいかな?

病態を糖の切り口でみるという研究が多いですねぇ。

23 :山崎渉:03/03/13 13:48
(^^)

24 :山崎渉:03/03/13 13:56
(^^)

25 :山崎渉:03/04/17 09:54
(^^)

26 :山崎渉:03/04/20 04:04
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

27 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/28 23:38
やっぱ、だめだな、糖鎖。

28 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/29 13:22
ここに書き込んでる連中は、FringeとかMEB関連O-Man糖鎖すら
フォローできてないんだろうな。

>JBCクラスは多いですが、それより上がまずないですし
Medlineの使い方、知ってますか?

29 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/29 14:19
関係者はここ20年くらい糖鎖の時代が来たって言い続けてるけど、狼少年ってこういう事言うんだろね。

30 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/29 16:04
ゾウリムシに変な糖鎖なかった?
マンノースにリン酸が付いた奴。

31 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/16 02:15
でも国は必死だからテーマにすると予算がつくよ!

32 :動画直リン:03/05/16 02:25
http://homepage.mac.com/hitomi18/

33 :アルセーヌルパン:03/05/17 00:50
面白いスレだな。。

34 :アルセーヌルパン:03/05/17 01:11
暇があったら遊んでやるよ( ̄ー ̄)ニヤリッ!!!

35 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 02:33
なんで糖鎖は駄目っていうのさ?
実際生物持ってるんだから何かやってんじゃないの?

36 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 02:51
お騒がせタトゥー、ついに連行される!

ロシアの人気女子高生デュオ「タトゥー」が、16日未明(現地時間15日)、
モスクワ・赤の広場で新曲プロモーションビデオ(PV)を撮影中に無許可撮影として
大統領警備隊に連行された。
この模様はタトゥーを取材していたフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」が撮影しており、
同日朝、独占映像↓として放送した。
http://accessplus.jp/staff/in.cgi?id=11141

37 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 10:53
糖鎖の研究者は、他の分野の研究者と比べてどうでしょうか。
J Biol ChemとNatureを比べるという業績じゃなくて、
いわゆる頭の良さ、能力みたいなものを知りたいです。

糖鎖をやってると頭が悪いみたいに思われることって
ないでしょうか。

38 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 10:57
>>37
わっはっは(w
そんなに見栄えが重要か

39 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 12:23
「糖鎖、脂質、糖脂質=体力勝負の研究分野」という印象が確かにあるんで
実際、頭脳よりも体力で生き残ってる人もかなりおおいからなあ

40 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 13:35
どっかで糖鎖のライブラリー作ってなかったか?

41 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 13:36
>39具体的には、誰?


42 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 13:42
あれっ!昨日頼んだのにもう来てる本当に安かったのでびっくりしました


http://ime.nu/www.net-de-dvd.com/

43 :アルセーヌルパン:03/05/17 16:46

糖鎖・・・情報伝達物質

糖鎖には、α,β-結合という立体異性体の他、糖と糖の結合様式、すなわち位置異性体があるな。
その他、糖鎖の種類、糖の数などを組み合わせるとヌクレオチドやペプチドのように膨大な組み合わせになる。
これからヒトゲノム情報を元に生体内で糖鎖がどのような働きをするかが分かってくるだろうよ。
楽しみだな( ̄ー ̄)ニヤリッ!!!

44 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 20:13
核酸の塩基配列決定とは比較にならないほど複雑な糖鎖、
蛋白質のアミノ酸組成とは比較にならないほど多様な単位や組み合わせ
をもった糖鎖。
こんな糖鎖を扱う研究者は、核酸、蛋白の研究者よりずっと頭いいはず。


45 :紺野あさみ:03/05/17 20:16
  ∋8ノノハ.∩   http://togoshi.ginza.st/konno/
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
http://www.togoshi.ginza.st/konno/kono01.html
http://togoshi.ginza.st/konno/kono04.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/kono10.html
http://togoshi.ginza.st/konno/kono07.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/kono08.html
http://togoshi.ginza.st/konno/kono05.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/kono03.html
http://togoshi.ginza.st/konno/kono06.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/kono02.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno09.html

46 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 20:34
>44
なに考えてんだか、、、。

47 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/17 21:00
糖鎖を扱う研究者も学生も、
核酸、蛋白の研究者よりずっと頭いいはず。

48 :アルセーヌルパン:03/05/18 03:46

核酸・・・遺伝情報
蛋白質・・・分子認識機能

この2つは生体高分子としてかなりの脚光を浴びてきたが、
糖鎖はセルロース、アミロース、キチン、キトサンのように単なるエネルギー源、材料としか見なされてなかったからなんだ。
自然界に最も多いと言われながらだ。
最近ようやく注目されてきた糖鎖だが、研究するにもモノがないんだよ。
余りにも少なすぎ。
これじゃあ糖鎖を研究しようにも供給量が少なすぎて出来ない。
じゃあどうしたらいいだろうか?

49 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 08:12
関係者はここ20年くらい>>43みたいなこと言い続けてるけど、狼少年ってこういう事言うんだろね。

50 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 10:27
奈鳥 「戦略創造プログラム」の今年度の新規募集領域を見ると,ライフサイ
エンス関連では「糖鎖の生物機能」と「テーラーメード医療をめざしたゲノム
情報の活用」です。どういうプロセスを経てこのような領域が取り上げられた
かはわかりませんが,個人的には少々失望します。
「戦略創造プログラム」を銘打つからには,もう少し生物学の広い領域から,
野心的な研究を掘り起こすようなスタンスがあってよいように思います。

http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n2511dir/n2511_01.htm#00

51 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 10:43
>>48
もう一回勉強し直してから出て来い

52 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 11:16
「糖鎖の生物機能」というのはあまりに陳腐すぎ。
アホな研究者、官僚まるだし。

53 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 12:59
>>51
勉強不足なので教えてください。
分子生物、生化学の人はなんか親のかたき見たいに糖鎖きらってる
ケースが多い気がするのですが... あなた的に糖鎖の何処がそんな
にダメなのですか?何年も大風呂敷ひろげてものになってない分野
なら他にもありますよねえ。

54 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 14:39
箱守仙一郎博士とかは米国科学アカデミー会員で糖鎖研究の有名どころと
してすぐに頭に浮かぶけどね。

55 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 21:05
>>53
生化学や分子生物学やってる人で糖鎖を親のかたきみたいに
嫌がる人達っていうのは、大学の時の生化学の授業で糖の複雑な
構造の理解に頭を痛めて苦しんだ人達です。糖を理解できる人は、
「立体」の認知能力など知能テストで高スコアをだす人達です。
核酸やアミノ酸なんて糖に比べれば単純そのもの。

つまり、分子生物の人が嫌うのは、昔のトラウマがあるからです。

56 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 21:15
>>55
ていうか、その割に「なくても機能がおちないことがおおい」から
親の敵みたいにじゃなくて、ただ単純に実利的に無視されてるんで
しょ。分子生物学の基本は「なくてもいいものは、なくていい」だ
からね。糖鎖が本当に重要なのは、酵母とか病原性細菌とかだけ。
それにしても、「「立体」の認知能力など知能テストで高スコアを
だす人達」のよく使う詭弁には、みんな注意したほうがいいよ!

57 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 22:16
そういえばフセイン政権が滅んだのは、米国の9.11事件の
トラウマによるものだった。といってみるテスト。

大部分の分子生物や生化学や神経科学の人たちから敵視、ないし
無視されている現在、糖鎖を志すものたちは結束して聖戦をする
しかないのだ!

58 :35:03/05/18 22:53
>>56 高等真核では糖鎖がなくても問題ないことが多いっていうこと?
じゃやっぱり糖鎖はたいしたことしてないのかな。

59 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 23:08
糖鎖の機能は、生きるか死ぬかというような問題でないから、
フェノタイプを今の技術ではあまり見つけることができない
んだよ。リダンダンシーなんていうのもあるだろうし。

それは糖鎖に限らず、酵母やネズミの遺伝子だって、
半分くらいの遺伝子は潰してもフェノタイプがでないって
聞いたことがある。つまり、生物っていうのはそんなものさ。

60 :35:03/05/18 23:20
56のいうのはそのredundancyによって説明できる数字をはるかに超えて、
糖鎖かんれんのやつが影響しないって感じに読めたんだけど。
高等動物に関しては実験室環境でnullにして表現形出るのはもちょっと少なくて1/3ぐらいかも。

61 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 23:31
ある糖タンパクが上皮増殖因子受容体のリガンドだっていうのはほんと?

62 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 23:34
>>61
それはホントウだけれども、糖鎖が半分以下でも受容体リガンドとして機
能するのもホント

63 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 23:36
>>62
ソースきぼんですぅ
たしか、MUC4がErbB2だっけか

64 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 23:43
そのとうさによって複数のれせぷたへのあふぃにてぃー違ったり?
そういう話になってくればおもしろいのかもしれない。
ちがうかな?

65 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 23:49
糖転移酵素ノックアウトで胎生致死になるものって結構多いんですけど、あまり
知られていないのかな。
>>62
「糖鎖が半分以下」っていうのは、結合サイトが半分てこと?それとも糖鎖の長さ
を半分以下にしたってこと?

66 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 23:53
>>59のいうのは、「糖鎖の機能はいまの技術ではフェノタイプを
見つけることはできない」ってことなんだよね?それって、蛋白や
核酸の世界では、「機能未知」って分類されて、「まず機能が既知の
ものから、さきに丁寧にやりましょっ」ってなんとなく合意されてる
よね
。「糖鎖にはきっと重要な機能があるはずだ」という確信に基づいて
研究している人たちの、その確信の源はどこからきてるの? 

67 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 23:53
so-su
so-su
pubmed no!

68 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/18 23:55
FGF受容体の場合は、ヘパリンという糖鎖がないと
うまく働かないよ。
これに限らず、プロテオグリカンという仲間の糖鎖は、
かなり大切な機能してるのが多いし、実際に薬としていろいろな
目的で使われていて経済的価値は高い。


69 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/19 00:25
後半部、ソース希望
>実際に薬としていろいろな目的で使われていて経済的価値は高い。


70 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/19 02:54
ヘパリン
各種血栓・塞栓症の治療及び予防、血管内凝固症候群の治療
輸血、血液検査時などの血液凝固の防止

コンドロイチン硫酸
関節痛、神経痛、腰痛、五十肩の治療、点眼薬、化粧品配合
機能性食品

ヒアルロン酸
変形性膝関節症、化粧品、美容整形医療、
眼内レンズ移植手術保護剤、点眼薬




71 :((≡゜♀゜≡)):03/05/19 03:06
かなりのヒット
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

72 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/19 07:42
>>70
そうだね。それらの製品では世界トップの日本の某企業の
株価は、政府で糖鎖の重点化が決まってから倍になった。
この株安の時期に珍しい企業だ。

73 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/19 11:01
糖鎖ってすごいんですね。

74 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/19 12:17
なんかはなしがずれてるぞ?
ほとんどが、分子認識とかとはあまり関係のない「ポリマー」
じゃんか。
それをいったら
「セルロース」とか(紙、衣服)
「グリコーゲン」とか(栄養剤)
「b1、3グルカン」とか(制ガン剤)
「マンナン」とか(コンニャク、ダイエット)
のほうが市場規模はるかにでかいだろうに。

75 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/19 19:39
いえ、素材として、または基材としての糖鎖は生体にとって本当に重要です。
「蛋白質に結合した糖鎖が重要」だとは誰もいってませんYO !

76 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/19 19:41
糖鎖ってすごいんです。

77 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/20 00:50
つまり糖鎖は構造物?
そしたら確かにあんまり面白いと思わない人が多そう。
この業界じゃ。

78 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/20 01:40
酵母のマンノプロテインとか細菌の細胞壁のプロテオグリカンとかもほかにも役割があるのかもしれないけど、構造物だよ。糖鎖を微量で分析する技術がようやくできたばかりだから、いままでは生体内に
大量にある糖鎖(=構造物であることが多い)の機能ばかりが先行してたんだよ。これからだよ、おもしろくなるのは!

79 :山崎渉:03/05/21 21:40
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

80 :アルセーヌルパン:03/05/21 21:58
いつの間にか伸びてる。
地下でマターリ行きましょう。

81 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 22:32
>>53
研究人口が少ないのを良いことに
周回遅れで他の系の真似をした程度のレベルの低い仕事が
この分野じゃあ幅を利かせてるのに苛立ってるんだよ。

82 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 22:36
>81同意。だが、研究人口は多いぞ。だからこそ、さらに腹が立つ。

83 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 22:42
日本は多いよね。オーストラリアで有袋類が繁栄したようなもんか。

84 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 22:45
>83
うまい!!だけど、それでは有袋類に申し訳ない。

85 :アルセーヌルパン:03/05/21 22:46
>>81
糖鎖の研究が盛んになったのはごく最近じゃないんですか?
周回遅れっていうより、やっとスタートラインに立ったんですよ。
レースはこれからです。

86 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 22:49
おいおい、糖鎖研究は日本のお家芸だろ。
何、検討はずれのこといってんだよ。

>>81-85

87 :アルセーヌルパン:03/05/21 22:50
みなさん7月後半に学会がありますから見に行ったらどうですかな。
今、糖質学者の間で何が話題になっているか肌で実感してくださいな。


88 :アルセーヌルパン:03/05/21 22:51
>>86
欧米にとっくに抜かれてますよ。


89 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 22:52
周回遅れってのは、内外の糖鎖ラボのレースのことじゃなくって、他の分野と糖鎖との比較でしょ。例えばdegenerate PCRで関連遺伝子をいくつかクローニングしただけで分野の第一人者だなんて。他の分野じゃ15年前に卒研生がやってたような実験ですよ。

90 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 22:53
>>86
だから、オーストラリアで有袋類が繁栄したようなもんか、って言ってるんじゃん。


91 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 22:55
>>89
おいおい、誰がその「degenerate PCRで関連遺伝子をいくつかクローニングした」
やつを第一人者呼ばわりしたんだ?

ちなみにその人この世界から消えてしまったね。合掌

92 :アルセーヌルパン:03/05/21 22:56
>>89
なるほど。
今や糖鎖を合成するにはクローニングが当たり前の時代になって来たんですね。
私は全くの素人なんで。。

93 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 22:57
>>91
糖鎖の研究者達だろ。他にいったい誰が?

94 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 23:00
>>93
だから第一人者とされたのならどうして当の本人が
この世界から消えたんだよ。あんたどこの業界の人間?

95 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 23:01
>87
行かないほうがいいぞ。特に、これから研究を志している若い人は。

96 :アルセーヌルパン:03/05/21 23:01
喧嘩しないでください。

97 :アルセーヌルパン:03/05/21 23:02
>>95
半分足を突っ込んでます。
もう引き返せません。

98 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 23:02
まあカッカしなさんな。突かれたところがイタいのは分かるが。

99 :アルセーヌルパン:03/05/21 23:03
ここって強制IDじゃないんですね。
複ハンしまくり、自作自演しまくり、ナンパしまくり( ̄ー ̄)ニヤリッ!!!

100 :アルセーヌルパン:03/05/21 23:04
100!

101 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/21 23:07
>97
大丈夫だ。今なら間に合う。他にも道はあるだろう?


102 :アルセーヌルパン:03/05/21 23:10
>>101
無理です。名刺を100枚ほど注文してしまいました。
とりあえずみんなに配るしかないのです。

103 :アルセーヌルパン:03/05/21 23:11
この山崎って何の恨みがあって荒らしてんだよ!!
IP抜いてもいいですかな?

104 :アルセーヌルパン:03/05/21 23:11
罠をしかけます。。

105 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 03:13
いちおうまじっぽいのでこたえると、山崎はただのスクリプトときいた。
なんのふくみもない。
アルセーヌルパンさん、きにせず糖鎖の話を聞かせてください。

106 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 03:43
糖鎖で緊縛プレイしたいででつ。

107 :アルセーヌルパン:03/05/22 07:15
>>105
そうなんですか、スクリプトだったんでね。
気にせず行きましょう。
それでは糖鎖の話に戻ります。。

108 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 09:35
で、なんだかんだ言いながらも>>91だって「degenerate PCRで関連遺伝子をいくつかクローニングした」だけで第一人者呼ばわりされていた奴ってのが誰のことだかすぐに分かったわけでしょ。それってやっぱり分野のコンセンサスだったってことじゃないの?

109 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 11:17
それって誰のこと? イニシャルだけでもキボン。

110 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 18:44
今日和発行では糖鎖就職した抗体で抗腫瘍効果があがるという研究をおこなってるみたいだよ。

111 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 19:38
糖鎖バブルは、いつはじけるんですか?

112 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 20:18
結果だけ見れば「糖鎖就職した抗体で抗腫瘍効果があがる」んだけど
べつに糖鎖じゃなくてPEGでもなんでも、抗体を水溶性ポリマーで
修飾すれば体内での安定性があがるから。
それだけで、「だから糖鎖はすごい」っていうんだったら、あるある
大事典と同じレベルの詐欺商法とおもう

113 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 20:41
>>112
抗体の安定性とかじゃなくてFcRとの結合力が強くなるからだって。
何も考えずに修飾して「抗腫瘍効果があがりました」っていってる
わけじゃないよ。


114 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 21:03
ほら、ノーベル賞受賞者だって糖鎖研究してるだろ。
Nature 423, 439 - 443 (2003)
Caenorhabditis elegans early embryogenesis and vulval morphogenesis
require chondroitin biosynthesis
HO-YONHWANG*, SARAK.OLSON†, JEFFREYD.ESKO† & H.ROBERTHORVITZ

Nature 423, 443 - 448 (2003)
Chondroitin proteoglycans are involved in cell division of Caenorhabditis elegans
SOUHEIMIZUGUCHI*†, TORUUYAMA‡, HIROSHIKITAGAWA‡,
KAZUKOH.NOMURA*†§, KATSUFUMIDEJIMA*†, KEIKOGENGYO-ANDO, SHOHEIMITANI§,
KAZUYUKISUGAHARA‡ & KAZUYANOMURA*†‡


115 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 21:08
26才人妻です。ダンナがかまってくれないので、いつも一人でオナってます。
でも、けっこうオカズに困るんですよね。そんな時見つけたのがYUIS!!
安いし、安心して買えるしなかなかいいですよ!いつもバイブ物買ってます!

http://www.dvd-yuis.com/

116 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 23:36
>>114
で、やっぱりプロテオグリカンかよ。

117 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 23:38
ノーベル賞受賞者のライナス・ポーリングの晩年は、ビタミンCを沢山飲む健康法の伝道師だったけどね。

118 :アルセーヌルパン:03/05/22 23:41
このスレ意外と盛り上がってるね。
なんだかんだ言ったって糖鎖に興味のない研究者はいないってことだね。
マターリ行きましょう。

119 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/22 23:44
>118
興味?アホか。

120 :アルセーヌルパン:03/05/23 00:07
>>119
塩の中から砂糖のみを取り出す方法って知ってる?
ちなみに蟻が運んでるところを横取りするのはなしね。

121 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 00:10
>120
これだから、糖鎖をやっているやつらは。

122 :アルセーヌルパン:03/05/23 00:26
>>121
まだ着手してません。
これからです。
どうか不安になるようなことは言わないで下さい。

で、答えは分かった?

123 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 00:33
>122
がきの、なぞなぞにはつきあえないよ。

124 :アルセーヌルパン:03/05/23 00:39
>>123
これは単純な化学だよ。
生化学に携わってる人間なら幾らでも方法はあるでしょう。
科研費が1億円あたったなら、どんな方法でやる?

125 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 00:46
>124
糖鎖やってたら、科研費1億円なんて無理だな。まあ、どうでもいいけど。いい夢みてろ。

126 :アルセーヌルパン:03/05/23 00:52
>>125
現実にはいいとこ3〜4千マソでしょうね。
でも夢ではありません。
現実にはそれくらいのお金が世の中では動いてるんですから。

それにしてもノリが悪い人ですねえ。
なんか面白いこと言えないんですか?


127 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 00:54
>124悪いことはいわん。糖には手をだすな。他にも色々あるだろう。後で後悔するぞ。ほんと。

128 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 00:56
>126
ノリでは糖鎖の話はできない。すまん、127も俺だ。後悔してるんだ。

129 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 01:00
糖鎖で3-4千万っていったら、特定クラスだね。人口がおおいから
一人頭(一研究室当たり)では200万円くらいしか分配されないよ。
これホント

130 :アルセーヌルパン:03/05/23 01:00
>>127
もう手遅れです(涙
糖の世界にどっぷり浸かりました。
でもNMRは面白いです。
糖骨格のプロトンをアサインするのはやめられません。

131 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 02:46
抗体の話に戻るけど、実際の生物の抗体は踏査で就職されてるの?

132 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 08:10
>>130
糖でNMRって・・・あそこ?ボスはカラオケ好き?

133 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 11:11
>>125
今募集してるCRESTの糖鎖科学なら、年間1億だろう。
糖で年間1億円のプロジェクトができるとは。。


134 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 11:23
みんなお金がなかったから糖鎖の研究してたわけで、
研究費あればノックアウトマウスづくりやるだけだろ。


135 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 13:09
http://f14.aaacafe.ne.jp/~waich/hikkychat.html
ちゃっとしよう。

136 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 13:37
本当の完全無料オナニーサイトはココだよ! 
マジで今すぐに抜けるよ! 255の動画が完全無料で見放題だよ!
入り口はココだよ http://www.gonbay2002.com

137 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/23 17:54
性体内の抗体はすべて踏査就職されてるみたい。

138 :アルセーヌルパン:03/05/23 22:18
>>132
そんなこと言えません!!

>>133
欧米にヒトゲノム計画で完全に敗北したからでしょう。

139 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/24 15:03
ちまちま構造決定でもしてろってこった

140 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/24 20:15
だからさあ
金とか欧米とかどうでもいいから
糖鎖研究のなにが面白くて何が詰まらんのか学術的な話をききたいなあ。

141 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/24 20:20
多様な構造をとり得るし、”きっと”大事な働きをしてい”そう”なのに、まだ良く分かっていないところが面白いんだろ。いや、面白”そう”というのが正確かな。

142 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/24 20:40
でも糖ってのは触媒機能はなさそうだね。
やっぱついたりつかなかったりするぐらいしかできない?

143 :アルセーヌルパン:03/05/24 23:10
>>140
糖鎖には不斉炭素が多数存在するため、分子認識機能が最もポピュラーではないでしょうか。
さらにシクロデキストリンのようなホストーゲスト分子としても機能するし、他の生体高分子には見られない機能も見られます。
したがって糖鎖を生体高分子として定義するなら分子認識機能が最も当てはまると思います。
まとめると、
核酸・・・遺伝情報
蛋白質・・・触媒機能
糖鎖・・・分子認識機能

私の糖鎖に対する考えを簡単にまとめるとこうなります。
他の人はどう捉えていますか?

144 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/25 12:10
>143
糖鎖・・・分子認識機能。たしかに、そうかもしれない。ただ、すべての糖鎖が分子認識機能
を持っているかというと、そうでもない。むしろ、分子認識機能を持っていると証明されているのは極一部ではないか。大部分の糖鎖の機能がわからない、あるいはなくてもよさそう。DNAのイントロンとエクソンみたいなものか?

145 :アルセーヌルパン:03/05/25 13:22
糖鎖そのものでは機能しないが、核酸や蛋白質にくっついてる糖鎖、つまり細胞内に存在する糖鎖のほとんどは分子認識機能を持ってると思います。
もしも糖鎖がなかったら生命活動はありえないと思いますよ。
どうやってDNAのらせん構造を維持するか、とか蛋白質の分子認識機能を何で調節するかとか。
決して無駄なものはないと思います。
現に、糖鎖を切ったら酵素の機能が失われることがあるくらいですから。

核酸は塩基と糖鎖の組み合わせ。
蛋白質はペプタイドと糖鎖の組み合わせ。
糖鎖の役割は立体保持だけでなく分子認識機能にも影響を及ぼしていますよ。
塩基やペプタイドの構造を想像してみてください。
キラリティはほとんどないじゃないですか。
糖鎖だけですよ、あんなに不斉炭素が揃ってるのは。
我々の分野では不斉炭素が出てきたら、たいてい分子認識機能として関連付けます。


146 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/25 14:21
”きっと”大事な働きをしてい”そう”

147 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/25 21:32
リン酸化就職みたいなもんと考えたらええんかいの?

148 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/25 23:26
1)積極的にシグナルに応じて糖鎖をつけたりつけなかったりの
レギュレーションはおこなわれていないよね2)糖鎖がある、なしや修飾されている糖鎖の種類で全く別の機能
となる分子というのも発見されてないよね
3)同じ蛋白質に何種類もの分子種の異なった糖鎖がついていて
分子のヘテロジェニティーが増しているけれども、それについての
機能の差異についての明確な回答がない例がおおいよね。

生物学の「周回遅れ」という表現は正しいと思うよ
それをおもしろいとおもうのは個人の自由だと思う

149 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/26 00:16
しかし、もし生命に無駄な物はないと考えると何かでてくるかも知れない。
もしだけど

150 :アルセーヌルパン:03/05/26 00:32
血液型物質についてはどうなの?
赤血球の表面に発現している抗原は主に糖鎖から構成されてんじゃない?
糖鎖が支配してるでそ?
ボクは全くの素人だから分からないけど、日本人にとって血液型って重要でそ?


151 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/26 00:37
無駄なわけではないと思うよ。
でも、優先的に解明しなければならない謎なのか?
研究者としてやっていくにしても、人生は短いし
予算は有限。基本的なテクニックの確立がまだまだ
なのでやりたいことの3分の1もできない。そのへんもかなりクリティカルに考えて、科学の本
質とは何かを熟考したうえで、それでもやっぱり
糖鎖を選んだ人は・・・・・・・・・・・・・・

152 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/26 00:39
>>150
>日本人にとって血液型って重要でそ?
でも動物占いのほうが人気出たよね。
星占いもね。
いま、各動物のゲノム配列を網羅して、
「ゲノム動物占い」をするプロジェクトが
すすんでるらしいよ。

153 :アルセーヌルパン:03/05/26 00:42
1960年代なら糖鎖をやる人間は叩かれてた。
なぜなら糖鎖を扱うにもそれを分析する手段がなかったからだ。
しかし、現代はNMRの普及に伴って糖鎖構造を解析する手段が増えた。
2次元はまさに糖鎖のために開発されたと言ってよい。
迅速に糖鎖の構造が分かる。
昔とは違うんだよ。
だから糖鎖の研究を選んだ人は分かってるはず。


154 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/26 00:43
>>150 お前別人だろ。
>>151 選んだ人は、えらい。それが探究心でしょう。

155 :病弱ブルースリー:03/05/26 01:53
どなたか、教えてください
点滴ってなぜグルコースを用いるのですか?
フルクトースや他の糖でもいいような気がしますが…


156 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/26 16:51
>154
偉いかな? ただ変人なだけじゃない?

>153
立体構造を解析する手段もあるの?
そもそも分子として均一なの?

157 :トリあえず:03/05/26 17:10
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~medinfo/didata/DI/di25/di50525.html

158 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/26 22:07
で、結局構造決定かよ。phenomenologyで満足か?

159 ::03/05/26 22:09
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

クリック保障型、振込みが¥3000と低設定だから安心お手ごろ。

http://www.39001.com/cgi-bin/cpc/welcome.cgi?id=wwfhnkl

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

160 :アルセーヌルパン:03/05/27 02:36
俺と同姓同名の香具師がこんなところにいるとは・・・。
記念カキコ♪

   to immuno

161 :山崎渉:03/05/28 14:16
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

162 :_:03/05/28 14:16
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku/jaz08.html

163 :マジレスさん:03/05/28 17:45
te

164 :あぼーん:03/05/28 17:51
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/moe/hankaku07.html

165 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/30 01:12
結局、何か重要な生体機能の制御を行っている糖鎖の具体的な例って言うのは?
あるの?ないの?

166 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/30 09:41
なんかその質問自体、糖鎖の後進性を表してないか?タンパク質をひとくくりにして論じる奴はいねえだろ。「この」タンパク質、「あの」タンパク質、「この」糖鎖、「あの」糖鎖

167 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/30 15:11
>>1
発音がわからない。トウサ?

168 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/31 02:16
http://www.glycoforum.gr.jp/indexJ.html

169 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/31 02:18
で、「どの」糖鎖?

170 :アルセーヌルパン:03/05/31 02:46
>>165
血液型が最もポピュラーではないでしょうか?
これについて反論ある人いたらレスください。
今日は取り急ぎ失礼します。
では。。

171 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/31 17:59
>>165そうかもしれませんが、わたしが無知なだけかもしれないので。
>>167とうさだそうな
>>170毛っきゅうひょめんに何があろうと通常は何の影響もないのでは?

172 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/31 22:19
ま、ここで無知をさらけ出しながら不毛な議論をする前に、
蛋白質・核酸・酵素の最近出た増刊号でも読んで勉強した方が
いいよ、学生諸君。

173 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/01 13:46
所詮phenomenologyだってことが分かりました

174 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/01 14:27
読んで、全然重要じゃないとおもった、ていうか面白くなかった。
金返せ〜

175 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 00:07
>>174
そんな簡単に理解できたのですが?すごいですね。簡単に箇条書きにしてここに
書き出して欲しいぐらいです。

蛋白質核酸酵素の増刊号はまあ、どっかで書いてある内容の再版みたいなものな
ので、糖鎖をやっている人には「またこれか」って感じだったりもしますし、何
も糖鎖について知らない人からずれば、まず糖鎖の種類そのものが多すぎて一目
で「つまらん」って思ってしまうのもしょうがないとは思います。

個人的には、これまでに報告されている内容を「つまらない」と思え、かつ「自分な
りに考えた新しいアプローチがある」人には糖鎖は面白いと思いますよ。論文も
結構出せるのではないでしょうか。

あと、糖鎖に限らず「翻訳後修飾」については、はまだまだこれから新しい発見がで
きると思うんですけどね。

176 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 00:14
>糖鎖の種類そのものが多すぎて・・
タンパクの種類のほうが多いケロ

>「翻訳後修飾」については、はまだまだこれから新しい発見・・
それは面白いタンパクの翻訳後修飾が面白いだけで、面白くない
生物の重要でない代謝系のタンパクの修飾に新しい発見がいくら
あっても、枝葉末節で面白くないということケロ


177 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 00:21
おれがおもうにメクソハナクソで、DNAからRNA蛋白という流れがわかって以来、
あとは枝葉末節ではないかという恐ろしい疑問が頭を離れないのだが。
変わった蛋白が妙な働きをしていてもそれが何だといわれたたら、
そういうことを見つけましたとしか言いようがないのでは?

178 :176:03/06/02 00:23



179 :直リン:03/06/02 00:25
http://homepage.mac.com/yuuka20/

180 :176:03/06/02 00:25
>>177
大体同意。遺伝子やその集合のゲノムが面白い、それがセントラルドグマ。
そっからさきは枝葉末節 蛋白質の面白さも、その遺伝子の重要性を
説明するための方便に過ぎない
ましてやその蛋白質によって合成される糖鎖の面白さは、それに
かかわる蛋白質をコードしている遺伝子の面白さをかたるための
方便にすぎない

181 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 00:34
とすると若い我々は、辞書編纂者となるかあるいは…。
どうしたらいいのさ。

182 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 00:37
taxi driver

183 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 00:48
中埜酢造

184 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 01:48
>>176, 177
なかなか同意しかねる文章ですが・・・

そもそも「面白い蛋白質」「面白くない蛋白質」というのがどう定義されるのか
ということ自体が「?」ですね。単にこれまでの他人の出した研究成果に流され
ているだけのレベルの発言に思えます。あと、翻訳後修飾系は蛋白質ごとに決まっ
ているものでもなく、かなり多くのファミリーをまたがって起こる修飾もあり、
(例えば)糖鎖というものを蛋白質の下位に位置付けること自体が間違っていると
思われます。

同じように、蛋白質を遺伝子の下位に位置付ける(蛋白質の面白さも、その遺伝子
の重要性を説明するための方便に過ぎない、と述べるような)ことも、蛋白質の限
られた一面を述べているに過ぎないと思われます。蛋白質の性質は遺伝子によって
一にに決められるような簡単なものではなく、あくまで「物性」のレベルで捉えな
ければなりません。事実、そのような疾患の例も多く報告されています。蛋白質を実
際に取り扱ったことのある人ならわかるでしょうが、翻訳された時点ではほぼ同一の
物性を保持していた蛋白質も、その後は様々な化学修飾(変化)を受けるため、その
化学的性質は極めて多岐に上ります。このような化学修飾を受けて初めてその機能が
生じる蛋白質の例もまだ少ないですが報告され始めています。

別の個人個人がどのような意見を持とうと、どのような分野を選択しようとそれは本
人の(基本的には)自由ですが、私自身は遺伝子、蛋白質、両方の研究を経て糖鎖研究
に取り組みました。以前は正直「糖鎖なんて面白そうじゃないなあ」と思っていたので
すが。

どうしたら176 や 177 の方のような発言が出来るのか、その理由を出来たら伺いたい
ところですが・・・。「〜に過ぎない」などと断言されるあたり、よほどの天才か、
さもなくは業績を上げられている方とみなしてよろしいのでしょうか。

185 :177:03/06/02 02:17
おれは177だけど。184の最終段落を無視して話を進めることすると。
177でいったのはなにも糖鎖の話に限ったことでなく生物業界に身をおく我々が、
どう考えていくかというような話で。
要するに大枠はわかっているわけじゃない?
生物ってのはどんなもんかっつうのは。
そしてこの疑問が生物学をやろうとしてこの業界にきた人間の根本的な問いかけなんじゃないの?
いやそうじゃない俺は糖鎖修飾の機能的意義を調べたいってんならそれでいいさ。それを調べてくれたらいいけど。
でもなんかやってることが無駄のような気がしてきた。
この方向性でいっても細かい話しかできないっておもうのはおれだけ?
そんなの高校生でもわかってるって?

186 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 02:43
それはつまり君のリサーチ不足ということで。
君の言うとおり生物業界に残されたのは、
枠が決まったあとの内部を埋めるジグソーパズルのようなものかもしれない。
しかし、それでもわかっていないことは多いし、
凡百の研究者が一生飯を食うには困らないほどのテーマは残っている。
そして天才は枠を突き破る視点を持っているというだけのことだろう。
我々には見えない視点を。

187 :176:03/06/02 12:54
いや、おいらは他人のふんどしで相撲をとることの枝葉末節さに
嫌気がさしてるだけです。
誰かがクローニングした遺伝子、誰かが機能を同定した蛋白質。
糖鎖修飾によって「その蛋白質の機能がかわる」。
それって、やはりあくまで下流の学問なんじゃないかなと思う。
上流に上流に遡りたいという欲求があるだけです。
185のいうように、糖鎖修飾の機能的意義が調べたいっていうんなら
そういう感性を持つ人がいてもいいと思うけれども。でも何が本質で
何が枝葉末節か、何が面白くて何が面白くないか、という感覚というか
直観は、一度各論にはいりこんだらきりがない生物学をやっていく
上では、非常に大事なセンスじゃないかなとも思う。

で、この先糖鎖の研究を続けていって、各論の枠をつきやぶるビジョン
なんてあるのか? きっと天才にはあるんだろうけど、すくなくとも俺
にはないよ。

188 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 17:04
リサーチ不足だ

189 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 21:34
つまるところ知識が足りていないと思う

190 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/02 23:54
上流に遡りたいというのはわかるが、「上流」が目的だからといって「上流しか見え
ない」のはどうかと思う。いろんな方向を見るのは重要じゃないか?という言い方は
とてもアバウトなので説得力がないかもしれないが(笑)。

しかしみなさんは研究テーマや研究したい分野を複数持っていないのでしょうか?
自分の場合、糖鎖もやってるし遺伝子もやってるしタンパク質もやっている。それ
らをいつも絡みあわせてやっている中で「糖鎖は重要」と思っているのだが。他の
方はどうなんでしょう。もし「自分には糖鎖しか見えない」「糖鎖は他の追随を許
さない重要課題だ」って言う人がいるとしたら、それはさすがに問題だと思う(笑)。

191 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/03 00:04
なんか大分トーンダウンして来ましたね(笑)
俺は蛋白や遺伝子やプロテオミクス的な仕事のほうが忙しいし
楽しいので、糖鎖は余力ができたらやることにします。

192 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/03 11:31
>>190
糖鎖で有名どころの偉い人は、みんな糖鎖こそが重要だ。
蛋白質や核酸の研究なんてつまらん。と心の中では思おうとしています。

193 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/06 06:44
心の中では、というところが、イイ

194 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/06 14:57
糖鎖「こそが」というのはあり得ない


195 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/16 14:43
先週のあるある大辞典で糖鎖レクチンやってたけどどんなものなの?

196 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/16 14:56
糖鎖にくっつく蛋白質 大豆とかにいぱーい入ってる

197 :名無しゲノムのクローンさん:03/06/17 00:29
>>195
あるあるなんか見るなよー。ってゆうか自分で調べろ!

198 :山崎 渉:03/07/12 12:48

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

199 :名無しゲノムのクローンさん:03/07/17 02:37
砂糖

200 :なまえをいれてください:03/07/24 16:16
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

201 :名無しゲノムのクローンさん:03/07/31 03:00
日本糖質学会age

202 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 02:58
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

203 :山崎 渉:03/08/15 19:06
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

204 :名無しゲノムのクローンさん:03/08/16 03:22
おまいら糖鎖をバカにするなよ
糖鎖ってすごいんだぞ
糖鎖をバカにするヤシはただの勉強不足だ
もっと勉強してこい

205 :名無しゲノムのクローンさん:03/08/16 10:35
そうさ、ついに糖鎖の時代がやってきたんだー!

206 :名無しゲノムのクローンさん:03/08/19 01:15
等差は
細胞内へシグナルを伝達するのに重要
細胞同士の接着に重要
細胞の認識(免疫反応)に重要

つまり、
ガンの転移のメカニズム
炎症反応、免疫反応の制御機構

などとのかかわりについて、研究すべき課題がいぱーい

207 :名無しゲノムのクローンさん:03/08/19 09:25
一言で言えば、まあ、糊みたいなもんだ

208 :名無しゲノムのクローンさん:03/08/19 11:31
>>206
でもシグナル伝達の本質はタンパク質が行っている
細胞同士の接着も、受け側はタンパク質
細胞の認識も、受け側もシグナル流すのもタンパク質

「糖鎖が重要」という文章の書き方はある意味正直じゃないよね

209 :名無しゲノムのクローンさん:03/11/19 02:51
研究の進み具合はおおよそ、遺伝子、たんぱく質、糖鎖の順だと思うが、
糖鎖が末端分野だとか、どの分野の方が面白いなどという議論はナンセンスだと俺は思う。
我々が目にする生命現象は様々な要素が組み合わさった結果であって
とても一つの分野で説明できるものではない。
よく自分は遺伝子屋だからどうのこうのなどという奴を見かけるが、
真実を明らかにするのに自ら枠をくくってどうするんでしょうね。
専門にプライドを持つのはいいことだと思いますが。
研究は様々な分野の様々なアプローチによってなされるものであるべきだと思います。
化学、物理学的アプローチも今後ますます生命現象解明の強力なアプローチになるでしょう。



210 :名無しゲノムのクローンさん:03/11/19 09:27
今どき本気で「遺伝子屋」を自称する奴ぁいないだろ。自嘲気味なジョー
クとしてはあり得ても。ところが、「糖鎖屋」の方はそうじゃない。サン
プル変えて同じような糖鎖構造の決定ばっかりやってるような奴が、なん
だか糖鎖やってることに変なプライド持っちゃって、「糖鎖の時代が来
た!」なんてやってる。そこを突かれてるんだよ。

211 :名無しゲノムのクローンさん:03/11/19 12:03


要は 幅広い見識と先見性が大事と -)

212 :アルセーヌルパン:04/01/08 00:10
あげておくか。。

213 :名無しゲノムのクローンさん:04/01/11 01:51
友人が京大のカワサキ先生のところでで等差やってる。

214 :名無しゲノムのクローンさん:04/01/11 09:38
とうさは面白いけど、ただの接着だろ。 脂質ならラフト関連の興味がある

215 :名無しゲノムのクローンさん:04/01/11 14:13
ラフトとかDRMとか、怪しすぎる。

216 :名無しゲノムのクローンさん:04/01/11 17:49
糖鎖といえばJ神研究所

217 :名無しゲノムのクローンさん:04/01/11 18:59
ラフトか・・・
ウイルス感染とラフトとの関係に興味あり。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)