2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●●●農業部門で技術士、技術士補●●●

1 :農NAME:03/11/09 20:39
資格を保有している方、受験した方、興味のある方など
情報を交換しましょう。

2 :農NAME:03/11/09 21:57
興味あるけど、持っててなんかメリットあるのかな?
建設部門と比べて力がないような気がするんだけど。

3 :農NAME:03/11/10 07:14
2次試験は農業、農業土木、農芸化学などいろいろあるみたいね。
受験する人は農業土木が一番多いのかしらん。

4 :農NAME:03/11/10 15:42
純粋に農業土木を勉強してきた人たちだけが受験しているわけじゃない

技術士・土木部門、建築学部門を取得しているコンサルタントの人は
農業用水施設の設計など農村での仕事も扱えるようになれるよう
農業工学関連部門もとろうと仕事が終わった後も勉強しているらしい。

5 :農NAME:03/11/10 19:48
農経出でも仕事で必要となるって人もいるよね。
入札資格が高くなるし。

6 :夜盗虫 ◆ZHJ3ved3EQ :03/11/10 21:58
農業技術士補(農業及び天蚕)を持ってますが、特に使い道ないですね。
もともとこの資格は大学の教授や天下り公務員に「社会的な箔」をつける為に作られたそうです。
それゆえ公共に関わる仕事に携わっていないと、単なる名誉資格に終わってしまうかもしれません。(将来は分かりませんが。)

ちなみに技術士補所得後、技術士会に相談すればナビしてくれる技術士を紹介してくれるそうです。
私は利用した事ありませんので詳しくは知りません。

あと、農業分野では圧倒的に「農業土木分野→ゼネコン関係企業」という王道のパターンがあり、建設分野と重複してます。
更に農業土木の技術士補→建設技術士という裏技も可能です。




7 :農NAME:03/11/11 07:33
>>6
成程。勉強になります。
今年、技術士補を受験して次は2次試験!と考えています。
農業及び天蚕か農芸化学部門を目指していますが、
農業土木以外では基本的に公共事業と縁がない業種だと思いますので、
あまり資格を取得しても意味がないのですかね。

8 :農NAME:03/11/11 10:38
問題集とかあまりないですよね。
過去モンみて自分で対策たてるだけで大丈夫ですかね?

9 :夜盗虫 ◆ZHJ3ved3EQ :03/11/12 21:01
>>7
「農業及び天蚕」分野という事で・・・

この分野(農業方面)でのコンサルはほとんど聞かないです。
資格がなくてもメーカー研究員や普及員、JA職員等は普通に農家相手に指導してたりします。
公共事業に関しても、特に技術士の有無は今のところ関係無い状況でしょう。
ただ再度述べますが、将来はどうなるか分かりません。
個人的には一つの分野内で幅広く知識を有するよりは、特定の品目や技術に長けたスペシャリスト(超技術士?)の方が個性がアピールできつぶしが利くかと思います。

尚、私はこの資格(まだ技術士補レベルなんですが)を人脈作りや自己の知識向上の手段として使えればと思ってます。
私はまだ参加した事ないのですが、定期的に技術士会が開催→企業や業界をこえて様々なエンジニアの方々と技術交流がされてると聞きます。
将来の布石という意味でそれなりに価値あるものではないでしょうか。





10 :農NAME:03/11/12 21:37
>>8
私の頃の勉強法を少々。
今年から出題形式が変わったみたいだし、傾向が変わっていたらすいません。

農業分野は「農業土木」に関する問題が多く占めています。
第一問(5択問題×10)、第二問(10問から3問選択→各々800字以内の小論文)いずれも半数近く出題されています。
それゆえこの分野は絶対おさえておきましょう。(出題傾向ははっきりしてますので、ある意味やりやすいといえるでしょう。)
私は「農業土木ハンドブック」を大学図書館で見て、重要事項をノートにまとめていました。
特に農村開発計画(灌漑・排水計画や圃場整備計画等)の各留意点はお決まりのパターンといえます。
あと中山間地方の地域活性化計画あたりもおさえとけば憂いなしです。
余裕があれば土地改良事業や農地法も目を通しておけばよいのですが、私はすっぱり捨てました。
これは農芸化学分野も同じです。
なぜならこれらは出題傾向が読みにくいからです。苦労の割には覚える範囲が広すぎるという訳です。
ま、これらは第一、第二問それぞれに1問程度でるくらいの出題頻度という背景もあります。

(続く)


11 :夜盗虫 ◆ZHJ3ved3EQ :03/11/12 21:52
(続き)
それから「農業白書」は必ず見ておきましょう。年度が新しければ新しいにこした事はありません。
特に農業人口や農地総面積の推移、食料自給率関係の細かいデータは覚えておいた方がよいです。
農業白書は農政そのものに関わってますので、技術士系の参考書としてBESTだと思います。

あと畜産関係に関しては私の場合「畜産ハンドブック」を参考にしました。
これもお決まりなんですが、家畜の糞尿リサイクルの留意点、家畜利用の将来性等をまとめておけば対処できると思います。

結論としては・・・農業分野は範囲は広いものの出題傾向はかなりはっきりしています。
過去問は5年分ぐらいやれば分かりますので。
ちなみに私の頃のキーワードは
・「農業を産業の手段として如何に復興させるか?」
 →豊かな農村作り(各種開発計画)、後継者育成、地場産業の活性化等の諸問題を総括的に
・「環境保全に配慮した農業を如何に確立させるか?」
・「食料自給率の低下を如何にして防ぐか?」
 →我が国の食料生産基盤の安定化を様々な角度で
・「バイオテクノロジーの将来性」

こんな感じでした。


12 :夜盗虫 ◆ZHJ3ved3EQ :03/11/12 22:02
ちなみに・・・
私は所属する業界でこの資格を有してる事は秘密にしています。
経験、知識もまだまだ若輩なので。
業界によっては給料が上がったり、転職する際にかなり優遇されたりと聞くのですが・・・

いずれにしてもこの分野を挑戦される方は応援致します。
見事合格され、もしかしたら何かのご縁でお話できる機会もあるかもしれません。
是非頑張って下さい。


13 :農NAME:03/11/23 07:59
書き込みが少ないところから推測すると、
技術士、特に農業部門は世間の認知度は相当低いんですかね。

14 :農NAME:03/12/04 21:45
>>13
なんでですかねー。

15 :農NAME:03/12/06 23:13
最近ではJABEEなどができたので、認知度は上がってきてるとは思うんですが、
技術士の有用さとかがイマイチ伝わってこないんですけれども。。

16 :農NAME:03/12/07 10:20
おいらはゼネコン関係勤務だけど、農業部門で所得。
来年修行期間が終わるので技術士に挑戦。
夜盗虫さんも書いていたけど、農業技術士補→建設技術士いうパターンですな。
うちの場合技術士があれば手当てが10万あがる(大手じゃあないから無資格者と有資格者の差別化が激しい)し、特殊な仕事が増えそう。
それと、仮に会社がつぶれた場合、今のご時世この手の資格がないと結構不便かもしれない。
これはゼネコン関係の中途採用事情になるけど、昔は年寄りの人夫でも職があったけど今は最低でも「1級施工管理技士の経験5年」ぐらいないと転職もできない。
しかも施工管理技士のベテランでも給料はかなり安くなってしまってる。
田舎の中小とかだったらまだ人材が少ないので高めに給料を設定してるところもあるけどね。
もし農業土木を専攻してる学生がいたらオツムが柔らかい内にこの資格をとるだけとっておきましょう。


17 :農NAME:03/12/07 19:34
俺は技術士会を通じて就職したぞ。
今はナビの技術士のもとで修行中。

18 :農NAME:04/01/23 04:13
age

19 :農NAME:04/02/07 02:56
age

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)