2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

修士で論文を書く

1 :Nanashi_et_al.:02/06/08 16:00
当然レフェリー有、1st author。チャレンジ中、あるいは達成した人。
何か言ってください。達成した人はそのご利益等聞かせて。

2 :Nanashi_et_al.:02/06/08 16:10
Mのうちに出しとけば学振DCが取りやすくなる。ガンガレ!!

3 :1:02/06/08 16:15
一本でいいんですか?取れる確立はどのくらい?
一概には言えないだろうけど。

4 :Nanashi_et_al.:02/06/08 16:23
1流国際誌にシングルオーサーで投稿、掲載されれば
論文1本でもDCとれます

漏れの経験談です

5 :1:02/06/08 16:31
>4
1stでも共著者がいると厳しい?

6 :Nanashi_et_al.:02/06/08 16:45
>>5
同じ1本の論文でも共著より単著のほうが発想や研究遂行力の点での評価は高いと思うよ

あと、ひとくちに共著といっても、アイディアは完全なオリジナルで
単に研究室の高額な実験装置を借りているだけの名目上の共著の場合から
ボスの考えたアイディア、与えられたテーマで学生が仕事を遂行して
Firstになっている共著もある

このへんは専門分野の近いDCの審査員の先生ならすぐにわかると思うが
後者より前者の方が評価が高い
ただし論文まったくないよりは共著でいいから1本でもあるほうがまだまし


7 :Nanashi_et_al.:02/06/08 17:32
現在M1、共著者はつくけど1stで執筆中。修論の内容も出すとして、
修士出るまでに2本出せれば取れる可能性は高い?

8 :Nanashi_et_al.:02/06/08 17:55
>>7
高い。けど、Journalにもよる。

9 :7:02/06/08 18:19
>>8
うちの業界ならまず誰でも知っている国際誌
(と思ってる)。てかまだサブミットもしてないし。
さっさと書かんとな。とりあえず目標は修士で
2本。

10 :Nanashi_et_al.:02/06/08 19:01
単著論文は評価は高いが、書き過ぎると、
こいつは共同研究が出来ない奴なのかと思われる危険あり。


11 :Nanashi_et_al.:02/06/08 19:04
当方M1
採録通知がきたYO−。
学部四年からがんばったかいがあった。


12 :Nanashi_et_al.:02/06/08 19:04
みなさんの研究室に修士で書いてる人どれくらいいます?

13 :Nanashi_et_al.:02/06/08 19:05
>>11
オメデト!


14 :Nanashi_et_al.:02/06/08 19:11
>>11
はやっ!漏れもがんばろう。

15 :Nanashi_et_al.:02/06/08 19:11
ハヤ!!
ありがとう。

16 :Nanashi_et_al.:02/06/08 19:16
うちの先輩が教授に書いてもらって1stになってたけど、
そんなのアリなのか?

17 :Nanashi_et_al.:02/06/08 19:24
>>16
DC1学芯は研究室の為にもなるのです。重要。



18 :Nanashi_et_al.:02/06/08 19:38
このスレ見てると励みになるな。ネットなんかせずにさっさと書こう。

19 :Nanashi_et_al.:02/06/08 21:47
>>10
それは分野による。そのセリフは時々指導教官による院生の業績搾取
に使われるので要注意。

20 :Nanashi_et_al.:02/06/08 21:50
>>16
アリかどうかを考えるよりあんた自身が頑張ろうよ。


21 :Nanashi_et_al.:02/06/08 21:51
Private Sub CommandBind_Click()
On Error GoTo ErrorPortNA
WS1.Bind TextMyPort.Text
On Error GoTo 0

TextMyPort.Enabled = False
CommandBind.Enabled = False
TextRemoteAddress.Enabled = True
TextRemotePort.Enabled = True
TextSend.Enabled = True
TextAll.Enabled = True
CommandSend.Enabled = True
Me.Caption = Me.Caption & "(" & WS1.LocalIP & _
"-" & WS1.LocalPort & ")"
TextRemoteAddress.SetFocus
Exit Sub

ErrorPortNA:
MsgBox "そのポートは使用できません"
End Sub


22 :Nanashi_et_al.:02/06/08 22:37
>>12
研究室では、俺一人。2報書いて、1報は載った。
もう一報はアホ教授に却下された。
一報でも相当苦労した。
でも、研究室によっては一報くらい当然書くところあるよな。
そういう所の方が、書きやすそう。
Drがまだ論文出てないと、修士のくせになまいきみたいな雰囲気ある。

23 :Nanashi_et_al.:02/06/08 22:44
>>22
それは果てしなく間抜けな研究室だなあ。
他所に出た方がいいのでは?

24 :Nanashi_et_al.:02/06/09 00:30
俺の大学三流だからさ。
東大、東工大って修士でも論文書くんでしょ?
そういう雰囲気有る所の方が書きやすい気がする。
連名の教授が著名の方が審査とおりやすそうだし。
どおなの、その辺?

25 :Nanashi_et_al.:02/06/09 01:11
>>22
低レベルなドクターが蓄積している研究室は終了。

26 :Nanashi_et_al.:02/06/09 18:10
>22
却下した教授ってのはレフェリーのこと?それとも担当教官?

27 :nanashi:02/06/09 19:31
JAIST の某研究室では、最低でも1年間に2回の
英語発表が義務付けられていると聞いたが・・・。

28 :Nanashi_et_al.:02/06/10 00:47
>>26
レフリーに却下されんなら納得するさ。
でも、ここずーーと論文書いても無いアフォ教授が却下。
助手も助教授も行けるといってるのに。
実は一報目も難癖つけられて、殆ど勝手に出した。
レフリーとのやり取りも勝手にやっちゃったんで、
機嫌損ねたみたい。だって、レフリから「足りない」って指摘
された所、全部その教授に削られた所だったんだもん。
投稿くらいさせてよ〜。もう書きたくないよ〜。

29 :Nanashi_et_al.:02/06/10 07:07
学生で単著で出すってどの分野よ?
うち(生物)ではあり得んなぁ。必ずボスと連名。
単著で出せるのは金集めから、アイデア捻出、実験
論文作成・投稿まですべて1人でやった時だけだ。
助手ですら単著はしんどい。

30 :Nanashi_et_al.:02/06/10 07:21
>>28
そんなビッグバン級のバカ研究室早く出なよ。

優秀な院生を一人前の研究者として扱わない
研究室はスタッフが一人前でない場合多し。

31 :Nanashi_et_al.:02/06/10 07:54
>>29
オイラの分野は学生単著もときどきあるよ。
つーか俺自身、学生時代に7本論文書いたけど全部単著
分野言っちゃうと誰だかばれちゃうから秘密にしときます。

本当は共同研究者募集中なんだけどオリジナル過ぎて無理かも
共同研究に向かない奴と思われていたらちょっと鬱だな。

実験にそれほど金かからないからアイディアと行動力さえあれば
学生でも単著でいけるよ。
俺の先輩では、ドクター時代に論文がネイチャーに単著掲載されて
その1本が評価されてアカポスゲットした人がいました。


32 :Nanashi_et_al.:02/06/10 09:15
数学では最初から単著で出すよ。

33 :Nanashi_et_al.:02/06/10 12:28
機械系で一人のはみたことないなぁ
マイナーなところではあるのかもしれんが・・・

34 :Nanashi_et_al.:02/06/10 15:10
数学だってボスとディスカッションしたり
投稿前には論文読んでもらって手直し受けるんだろう?
なのに単著なの?

>31
学生時代に何報出したかなんて聞いてないんだよ。
分野聞いてんだよ、バぁカ。


35 :Nanashi_et_al.:02/06/10 16:14
そもそも修士で論文書くってそんな普通なことなのか?
うちの研究室なんてほとんどいないぞ。M2の終わり
ぎりぎりに出す人はたまにいるけど。それだって
載るのはD行ってからじゃないかな。

36 :Nanashi_et_al.:02/06/10 16:52
>>34
ボスのアイディアとか手助けの割合が相当に大きければ話しは別だけど
アイディアと考察が学生オリジナルなら
ボスとディスカッションした後でも内容が本質的に変わらない限り
単著でいいんじゃないの?

あと、自分が書けないからって他人にあたるのはやめなよ
脳無しODみたいで恥ずかしいから




37 :Nanashi_et_al.:02/06/10 17:27
>>36
うちの分野もほとんど学生は共著っす。


38 :Nanashi_et_al.:02/06/10 20:36
>>28
分野にもよると思うが、Mのうちに単名で出すのはどうかと?
Mまでの過程で完全にオリジナルで誰ともディスカッションせずに研究を勧めたとは考え難い。
figやtableとなるデータを全て自分自身で出したとしても教授と共著が普通でしょ。
しっかりと審査される雑誌の場合には何処の馬の骨とも分からない奴が、
単名で投稿しても通りにくいよ。
過去の実績があった上での単名であれば構わないが、初投稿で単名の場合、
低インパクトの雑誌でなければ難しいはず
>>35
医学系以外の学部から研究を始める研究科なら学部、修士と同じラボで実験して
M1あたりで投稿ってケースは結構あると思うよ。
載るのは早ければMのうちだし遅くてもD1くらいってパターン。

39 :Nanashi_et_al.:02/06/10 21:08
>>38
論文の内容がチャンとしていればMで単著は全く問題ないと思われ。
レフェリを納得させるだけの内容があるかが重要。

論文書くときは色んな人とディスカスするだろうし、
少々ディスカッションしたからといって、
共著にする必要もなかろう。アクノリッジで十分。

といいつつも、実際は学生同士で共著にするパタン多し。
Mで単著が出せるのはうちの研究室では数年に1人くらいか。
教授と共著になるのは、教授との共同研究に限られる。

うちの分野(物理の理論系)ではこんな感じ。


40 :Nanashi_et_al.:02/06/10 21:29
>>39
理論系は柔軟な感じでいいね。
生物系では遺伝子貰っただけ、マウス貰っただけでも連名にする慣習がある。
KOマウス等では一度作ると、作製者が他のラボに移ったり、
その後の解析に関与しなくてもそのマウスを使った論文には名前が載る。
今、書いてる論文にもほとんど関係していない教授、助教授の名前を10名ほどと、
ポスドク、院生の名前を多数載せなくてはいけない。
実際にデータ出したのは、俺は含めても二人しかいないけど。
逆に連名で数報載せて貰えたりもするけどさ。

41 :Nanashi_et_al.:02/06/12 19:22
じゃあ「学生の論文を連名にする習慣のある分野・研究室」では
学振は通りにくいってことになるよな?そのハンディくらいは学振の選考
する人も考えそうなもんだけど。実際どうなんだ?

42 :Nanashi_et_al.:02/06/12 19:46
ああ,英論(レフェリーなし)程度でヒィヒィなおいらって禿しく低レヴェル・・・
逝ってきます

43 :Nanashi_et_al.:02/06/12 19:47
>>41
同じ分野の審査員なら連名が習慣であることを考慮
するんじゃないのかな?

俺が申請したときは業績一覧の論文が全部単著だったけど、
ボスに書いてもらった推薦書見せてもらったら
なぜ単著論文ばかりなのか説明してあったよ
(ボスと仲が悪いとか協調性がないとか、そういう変な誤解をされないように)


44 :Nanashi_et_al.:02/06/12 20:41
>しっかりと審査される雑誌の場合には何処の馬の骨とも分からない奴が、
>単名で投稿しても通りにくいよ。

ハァ? 一流誌では審査員にはオーサーは匿名にされるが。まあ、文献
とか文章の書き方とかで知り合いは分かってしまうらしいけどね。






45 :Nanashi_et_al.:02/06/12 20:41
学会発表の座長推薦で学部卒後1年目(院には逝かず)に書いた。
英文誌で、レフェリーあり(実際は出せばほぼ通る)だったが、
インパクトファクター調べてもなかなか見つからないような雑誌だった。
それによる恩恵はほとんど何もなく、記念になった程度。

46 :Nanashi_et_al.:02/06/12 20:56
>>30
学生の人間性によるだろそういうのは
まずい奴に論文を書かせるのは後々やばくなる

47 :Nanashi_et_al.:02/06/12 21:04
>>45
論文にしとけば、誰かがどこかで引用してくれるかも
しれないし、書いて良かったじゃないですか

あと民間に就職するにしても、学生時代の専門に近い職種なら
学術誌に投稿論文出した経験があると
上司から一目置かれたりされるんじゃないでしょうか?
あんまり関係ないか

48 :Nanashi_et_al.:02/06/12 21:16
>>44
そうなの?
幾つかの雑誌のレフェリやった事とあるけど、著者は伏せてなかったなぁ…
ネとかサのクラスなら別なのかな?


49 :Nanashi_et_al.:02/06/12 21:49
おれはサの方を査読したことがあるが著者は伏せてなかったぜ。

50 :Nanashi_et_al.:02/06/12 21:53
ここでいってる論文って
修論とちゃうの?

51 :Nanashi_et_al.:02/06/12 22:14
>>47
学生時代の論文はあまり関係ないだろ
どうせ指導教官の考えたことがほとんどだ

52 :Nanashi_et_al.:02/06/12 23:18
論文の区別がなってない

53 :Nanashi_et_al.:02/06/12 23:23
ここでいってる論文って
卒論とちゃうの?

と言ってみるテスト

54 :Nanashi_et_al.:02/06/13 00:16
>>47
自分で引用すればよい。
運がいいと、他人も引用し始める。

>>50,>>53
修論や卒論をレフェリ付き雑誌に載せても良いわな。

>>51
著者に指導教官が入っていればそう考えるかもね。
単名や学生同士の共著ならそうは思われないだろう。

>>All
誰かネの査読やった人いる?


55 :Nanashi_et_al.:02/06/14 21:57
修士で投稿論文書けば就職活動に使えるか?

56 :Nanashi_et_al.:02/06/14 22:18
あまり意味なし

57 :名無しさん:02/06/14 22:31
このスレ始めて見たのだが、修士で論文書かない奴って
いるのか?

うちの大学は最低でも年1回海外発表が義務付けられて
いるが、さすがにこれは例外中の例外だと思う。でも、
投稿論文一本も書かない修士がいるなんて・・・。

58 :Nanashi_et_al.:02/06/14 22:40
>>57
分野によるでしょ。
数学の修士で論文書けたらスゴイと思う。


59 :Nanashi_et_al.:02/06/14 22:52
そんなことよりちょっと聞いてくれよ1よ、このスレとあんま関係ないけどさ。
この前、6歳上のポスドク女性に告白したんです。告白。
そしたらなんかライバルがめちゃくちゃいっぱいで勝てそうにもないんです。
で、相手は「ごめんね、あたしダンナがいるから」とか言ってるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前な、ダンナがいるくせに6歳下のオレに期待持たせてんじゃねーぞボケが。
6歳下だよ、6歳下。
なんか振られた俺のこと馬鹿にしてる奴もいるし。自分は告白する根性ネーくせに
「あいつは馬鹿だ。所詮相手は既婚だから相手にされる訳無いよ。」最後はヒガミか。
おめでてーな。
よーし、やっぱり俺は4年の彼氏無しの女の子ゲットしちゃうぞー、とか言ってるの。
もう見てらんない。
お前らな、学振やるから早く留学して出て行けと。
研究室内での告白ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
4月の部屋換え、机の配置換えで好みの女の子と隣になるかどうかで骨肉の争いが起こり、
汚ねえベンチの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、アジ化ナトリウムをお茶に混ぜるか混ぜられるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子学生をもっと増やせよ、アホ教授。ついでにオーバードクターはすっこんでろ。
で、やっと失恋が癒されたかと思ったら、隣の奴が、「ラボ内学生結婚はどうかな?」、
とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、ラボ内学生結婚なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、ラボ内学生結婚、だ。
お前は本当にラボ内学生結婚をしたいのかと問いたい。問い詰めたい。
小1時間問い詰めたい。
お前、ラボ内学生結婚って言いたいだけちゃうんかと。
大学院生の俺から言わせてもらえば今、大学院生の間での最新流行はやっぱり、
「遠距離恋愛」、これだね。
で、しかもカミさんの方が偏差値が高い大学を卒業している。これが通の恋愛。
遠距離恋愛ってのはお互いの電話料金が高くなる。そんかわり合う回数が少なめ。これ。
で、それにカミさんの方がキャリアウーマンで賢く、カミさんはパーマネントでダンナは
ポスドク。これ最強。
しかしこれを頼むと次からカミさんの両親から「なんでウチの娘は終身雇用なのにダンナのアンタは1年契約なの?そもそも何でお互いの職場がこんなに離れているの?」
とマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。

まあお前らド素人は、修士の間に就職活動して製薬会社のMRにでもなって、担当医局の
看護婦とできちゃった結婚でもしてなさいってこった。


60 :Nanashi_et_al.:02/06/14 22:55
>>59
ネタは短かめにお願いします

61 :Nanashi_et_al.:02/06/14 22:56
>>59
40点

62 :Nanashi_et_al.:02/06/14 22:58
>>61
赤点だね

63 :Nanashi_et_al.:02/06/15 04:36
>44
ハァ? どこの一流誌のはなし?


64 :Nanashi_et_al.:02/06/15 09:53
俺の分野(物性理論)の場合には、修士でやった研究は
雑誌に投稿するのが当然になっているよ。早い人はM2のうちに
書き上げて掲載になるが、たいがいはDに入ってD1の終わりぐらい
に掲載というパターンが多い。

投稿論文というのは、英語で論文書いて、カバーリングレター書いて
投稿して、レフェリーからのいちゃもんに英語で反論して、納得
してもらい、かつ、校正刷りに間違いがあった場合、それを直して
もらう手紙を書いたり等々、非常に勉強になるし、研究者として
絶対に必要なスキルだから、早いうちに経験するに越したことはない
んじゃないか。

シングルオーサーかどうかは、はっきり言って、指導教官の研究者としての
誠実さによると思う。誠実な教官ならば、自分が本質的な貢献をしていなけ
れば、オーサーを降りることもあるであろう。これは研究者同士の論文執筆
と同じ。つまり、教官が学生を「研究者」として見てくれるならば、シングル
も可だと思う。

俺個人としては封建的研究室でありがちな、教官はさして貢献してい
ないのに、オーサーに加わるという悪しき風習はもうそろそろ止めにした
らどうかと思っている。 こういうことが「研究しない教官」を増長している
のではないかな。

65 :Nanashi_et_al.:02/06/15 10:46
学生を「研究者」としては見ないでしょ。やっぱ「学生」よ。
だから、学生の論文には「彼は駆け出しなので全責任は自分が負う」という意味での
ボスのラスト(コレスポ)オーサーだと思うが。
誠実な教官こそ学生のシングルなんて認めないんじゃないかな。
彼がかってにやったことでワタシは知りませんよってな感じを受ける。
(以上生物系での話ね。)
でも、64の最後の一文には賛成。

66 :Nanashi_et_al.:02/06/15 12:17
>>64
「全責任は自分が・・・」の「責任」ってどういうことですか?
生物系特有のものかもしれないが、良くわからないので。
私の分野では論文程度で責任問題が浮上するようなことは
考えられない。

67 :66:02/06/15 12:20
すまん。65への質問だった。

68 :Nanashi_et_al.:02/06/15 12:23
>>66
間違い論文を発表したら?

69 :Nanashi_et_al.:02/06/15 12:24
>>65
コレスポってなんですか?
クレスポなら知ってますが。


70 :Nanashi_et_al.:02/06/15 12:28
>>68
気にしない&気にならない@理論物理、
信用問題@実験物理。


71 :65:02/06/15 12:52
いろいろあるじゃないですか。
捏造とか、そこまで行かなくても解釈に明らかな誤りがあるとか。
本来は査読者が見抜くべきことなのかも知れないけど。
論文は公的な出版物だし、内容について責任が生じてくる場合があると思うが。
「論文程度」って言ってますが
科学者にとって論文は最も重要なものではないですか?



72 :65:02/06/15 12:56
>69
Corresponding author のことです。
出版者側とやりとりしたり、出版後、読者からの連絡を受ける人です。

73 :Nanashi_et_al.:02/06/15 12:58
卒論の成果の一部を修士1年のときにNatureにシングルオーサーで投稿して掲載
これ最強!

(某分野で十数年前にあった実話です)

74 :65:02/06/15 12:59
続けてスイマソン。
理論系の論文ってそんなにいい加減なもんなんですか?

75 :Nanashi_et_al.:02/06/15 13:00
修士論文は、もう10年近く前だけど、当時の教官が、まだ投稿しろとうるさい。
投稿してもいいけど、肩書きは、当時のままでいいんだろ? (現在社会人)
また、生物系なので、10年も前の調査年学日とか、わざと出さない方がいいよね。
材料にはぼかして書くつもりだけど。

こんなんで、投稿できますか?

76 :Nanashi_et_al.:02/06/15 13:02
ぜんぜん大丈夫。

77 :Nanashi_et_al.:02/06/15 13:03
しゅうろんださずに卒業したのか

78 :Nanashi_et_al.:02/06/15 13:06
↑バカはっけん

79 :Nanashi_et_al.:02/06/15 13:07
>>74
いい加減というか
各専門分野がかなり進化しちゃっていて
その論文に関する適切な指摘をできるのは世界でも数人程度〜
みたいなことになってる場合がある

80 :Nanashi_et_al.:02/06/15 13:08
>79
じゃあ、読者も世界で数人程度ってこと?
ホント自己満足の世界だな。

81 :Nanashi_et_al.:02/06/15 13:09
形式上で登校しろということもある
卒業のために


82 :Nanashi_et_al.:02/06/15 13:10
↑意味不明

83 :Nanashi_et_al.:02/06/15 13:11
論文投稿が修了用件になってる場合は
無理っぽくても一応投稿させるのでは?

84 :Nanashi_et_al.:02/06/15 13:41
理論の論文は、予算ゼロでチェック出来るから、
間違っていた所で、被害(?)が少ない。
アイデアの発表が評価されている所もあるし。

実験とは訳がちがう。

>>80
みんなが興味はあるけど、計算が大変でチェックできる人が少ない
というのもあるか。


85 :Nanashi_et_al.:02/06/15 15:44
M1で書く人ってどれくらいいるの?

86 :Nanashi_et_al.:02/06/16 13:43
>>85
昔はそうでもなかったが、最近では大学院重点化で院生の数がやたらと増えた
から、「学振獲得」のための戦略的手段として、早めに研究を開始し、
論文もM1のうちに書いてしまうというケースが俺の周りでは多くなって
来ているよ。学振DC1の書類提出がM2の5月だから、M1で掲載されれば、
有利になることは間違いないからね。


87 :Nanashi_et_al.:02/06/17 18:34
>>86
そのM1で書いた人たちは学振通ってるの?

88 :Nanashi_et_al.:02/06/18 06:27
>>87
>86じゃないけど通らなかったよ。
おれもMで3報あったけど全然取れなかった。
毎年出したけど論文増えても全然だめだったよ。

というか修士で論文出しても何も良いことなかった…。
鬱だ詩脳

89 :Nanashi_et_al.:02/06/18 06:45
>>88
学振DC*は申請内容より、推薦者の力が重要らしい…


90 :Nanashi_et_al.:02/06/27 00:56
>>86
> 来ているよ。学振DC1の書類提出がM2の5月だから、M1で掲載されれば、
> 有利になることは間違いないからね。
5月の時点で出版されなくてもアセプトならOKだろうか?


91 :Nanashi_et_al.:02/06/27 07:27
>>90
確か、「受理された」という証明書(ジャーナルから
くるエアメールとかメールとか)を添付するんじゃなかったっけ。
だから、それを添えればOKだと思う。

人から聞いた噂の域を出ないことだけど、選考に当たっては、まず
推薦者が判断するDC*中の順位が1番でない人ははじかれ、ついで
論文や学会発表の数等がぱっとしない奴がはじかれるらしい。
なにしろ数が以上に多いわけだから、選考委員もそうして絞り込んで
おかないと大変だからだと思う。推薦者の力や書類内容が問題に
なるのはその後では?

ともかく、M1で論文かくひとは少数派なのは確かなんだから、
DC1の選考で有利になるということは言えるんじゃないか。
もちろん、書いた人が絶対通るということは言えないがね。



92 :90:02/06/27 23:41
>>91
なるほど、クスコ。論文はなんとかなりそうですが、
DC* のなかでトップは……。
研究に力入れて授業をおろそかにしたらあかんのか。
おろそかにしまくりだが。

93 :Nanashi_et_al.:02/06/28 15:58
てか修士で論文書いても学振通るかどうかわからないんだったら、
書いてない人の未来って悲惨なんだろうなー・・・
そう簡単に研究職が見つかるとも思えんし

94 :Nanashi_et_al.:02/06/28 23:47
てか、論文書かないやつは研究職狙ってないんじゃないか?
しかし、論文より教授の力関係が重要かもしれない罠。

95 :Nanashi_et_al.:02/06/29 00:30
>>92
教授が判断する順位に授業を真面目に受けたかは関係ないんじゃないか?
もう大学院なんだから。それでは何で順番つけるかというと、俺は教授じゃないか
ら分からんけど、やっぱ、日頃の研究態度とかじゃないかな。

でも、学振ってどうして「自薦」ってダメなのだろうか?


96 :Nanashi_et_al.:02/06/29 01:05
なんか学振スレになってきたな。Mでアセプトされたやつは
大体の経緯を教えて( ゚д゚)ホスィ…。
例>研究立ち上げ(B4 4月)→執筆(M1 前期)→査読者とやりとり(M1 後期)
→採録決定(M1 終わり)



97 :羨ましいDっす:02/06/29 01:32
採録決定したM以下の内で

・研究する場所から俺が考えた
・どこを研究するかは教官が考えた

の割合はどれくらいか聞きたい

98 :Nanashi_et_al. :02/06/29 01:34
最近は学振も狙う奴多くなったから、一本では厳しいんじゃないかねえ。
数学とか、論文でにくそうな所は知らんけど、
少なくとも情報系は最低英文論文一本は必要という感じ。
漏れは英文論文一本(といってもマイナー学会だが)で
落とされたました。もっとも、たぶん推薦順1位じゃなかったし、
研究計画もドキュソだったんで落ちて当然という感じだったけど。


99 :Nanashi_et_al.:02/06/29 02:16
>>97
漏れの場合、かなり多くを教官が考えますた(藁。

100 :Nanashi_et_al.:02/07/07 21:37
              ζ
          ,,.-‐''""""'''ー-.、
        ,ィ"          \    やったオレ様が100ゲットだ!
         /              `、 ボケ共がオレ様にひれ伏せ!!
        ,illlllllllllll           i
      r'-=ニ;'_ー-、___,,.ィ‐‐-,,_  _| >>101遅いんだよ、チンカス
       | r,i   ~`'ー-l;l : : : `l-r'"メ、  >>102アホすぎる、言葉もない。
      ヾ、       `ー‐'": i!_,l_ノ` >>103人間辞めろ。
       |         ,:(,..、 ;:|/  >>104なにやってんだよ、この包茎ちんちん
       |        ,,,..lllllll,/   >>105あらら、ご愁傷さま。死ね
       /  `::;;.   '"`ニ二ソ  >>106うっさいハゲ。
     /7    ゙゙:`-、;:;:;;;:;:;:;;/       >>107ビルから飛び降りて死ね
   ,,.ィ"`:、        "/;:`ー-:、.._   >>108ネットワークすんなゴミが!。
 ‐'":;:;:;:;:;:;:;:\   . : :;: .  ;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:~`'''ー--:、,,_ >>109お前はクビを吊れ




101 :M1:02/07/08 02:45
一応、今度(夏くらい?)から書く予定です。
今までは2ndで学部時代にレターが一つ、ペーパーが一つ。

うまく時流な分野なんで書きやすい気がしますしね。
就職活動時に自信を持って研究やったと言うために来年の四月までには
漕ぎ着けたいですね。

ってか、上のレスだと就職には全然関係ナイってありますけど、、面接なんかで
研究内容なんか聞かれても、実績はまったく触れないってことですか?
論文だすくらいなら、その分SPI勉強してTOEICの点数稼ぎしたがマシってことですか?

102 :Nanashi_et_al.:02/07/08 17:56
>>102
こういうのわざわざコピペする奴は、恥ずかしくないのだろうか?

103 :Nanashi_et_al.:02/07/09 17:03
>>102
そうだね。

104 :Nanashi_et_al.:02/07/25 03:29
研究立ち上げ(B4 10月)→執筆(M1 前期)→現在discussion詰め中
つっても共著者5人くらい入るけど。一応1st(通れば)。
できれば夏休み中にサブミットしたいが。


105 :Nanashi_et_al.:02/07/25 04:11
卒論をPRLに投稿するという暴挙に出る予定です。夏休み中に書きあげるつもり

つっても>>5のいう
>ボスの考えたアイディア、与えられたテーマで学生が仕事を遂行して
>Firstになっている共著もある
に近いんだけど。
よーわからんけど俺が見つけた現象に教官殿が意味づけをしてくれる感じ。

106 :D:02/07/25 05:54
か〜っ、裏山しぃ

教官と議論すると
それできたら、世界で有名になるぞというレベルの内容を要求してくる
何年かかるかわからないような難易度
それだと、学校にいる間に学位を取れそうもないから、途中、自分で投稿しないといけない

107 :Nanashi_et_al.:02/07/27 10:42
自分もMの時にFirstで3,4本書かせてもらったけど、
その時の助手、教授の先生には大分お世話になったね。
後年、自分がDになって、後輩のFirst投稿のお手伝い
(殆ど英語は自分が書き直した)をしてみて、大変さを痛感した。

助手になったときには、少し偏差値の低い大学に移ったんだけど、
Mに論文書かせると、はっきり言って自分で書くより3倍体力を
使うね。アイデアも解釈も自分で出すから、
何やってんだかわかんなくなるけど。

MでFirstの論文を出せる人は、ごく一部の優秀な人を除いて、
まぁ、先輩や直近の教官にせいぜい感謝するべきだね。


108 :Nanashi_et_al.:02/07/27 16:55
3本なのか4本なのかはっきりせいや。


109 :Nanashi_et_al.:02/07/28 23:39
短期間で論文誌に何本も投稿できる分野or学科はどこですか?
そんなあなたが,もし,Dに行って同じペースを維持すると
10本ぐらいファースト論文を書くことになるんですか
羨ましすぃ,半分くれくれ

110 :Nanashi_et_al.:02/07/29 20:18
先日の国際シンポジウム.
発表した某大の女の子,M1だってさ.

某国から来た研究者が連れて帰ると言って聞かなかった.
俺も助手でほしいと思ったさ.
その後の,ボス同士の会話がまじで熱かった.
一応,修士号取ってこいってことになった.
某国内での給与格差がデカイらしい.

諸君らも健闘したまえ.

111 :Nanashi_et_al.:02/07/30 00:10
卒論の内容を英文学会誌の小特集号に狙って出した
(当方M1)が、今日、正式にリジェクトの返事が来た。
鬱だ・・条件付採録までなんとかこぎつけたんだけどね。
初投稿がすんなり通るほど世の中あまくないみたいですね。
まあ、また出直します。

112 :Nanashi_et_al.:02/07/30 04:30
条件付き採録のものが、revise後にrejectされるか?
少なくとも俺にはそんな経験はない。聞いたこともない。

ところで英文学の論文ですか?

113 :Nanashi_et_al.:02/08/06 15:10
レターサイズにするかフルペーパーにするかどうかで迷い中。
レターとフルペーパーって、評価はどのくらい違うものなの?

114 :Nanashi_et_al. :02/08/07 00:24
レターサイズは印刷しにくいよな。


115 :Nanashi_et_al.:02/08/07 00:25
>>114

??

116 :Nanashi_et_al.:02/08/07 00:31
>>114
warota

117 :Nanashi_et_al.:02/08/07 01:24
はがき印刷か?

118 :Nanashi_et_al.:02/08/07 02:32
頑張れば修士で1st可能。
俺は実現したおかげで博士は希望の所にすんなり行けた。

119 :Nanashi_et_al.:02/08/07 03:12
>>117
英語でレターサイズっていったら、A4に近い大きさだと思うが。

修士1年で1st載せたが、
割のいいバイトできないので学振ほしくなかったから、
あまりなんもかわらんかった。
D論のなかに含められるほど研究が一貫して変わらないなら、
御利益もあるのかな。

120 :Nanashi_et_al.:02/08/08 21:04
うちの研究室はすごいぞ.
D1から数えて7年目の件急性が2人:それぞれ論文1
4年目の件急性が1人:論文0
D31人:論文0
どうだ.

121 :Nanashi_et_al.:02/08/08 21:08
D1から数えて4年目で件急逝って事は3年で学位が取れたって事か?
それなら論文はなくてもアクセプト、掲載待ち位はあるのでは?

122 :Nanashi_et_al.:02/08/08 21:11
うちの件急性というのはすべて単位取得退学研究生ばかりです.
学位はありません

123 :Nanashi_et_al.:02/08/08 21:19
それは余計謎。
理系で単位取得退学するのは普通D5または助手採用のみだと思っていたが・・・

124 :Nanashi_et_al.:02/08/08 21:22
うちが私立だからだろうか・・・?
私も当人でないため詳しい説明が出来ませんが,
聞くところによるとそうなんです.

125 :Nanashi_et_al.:02/08/08 22:04
>>110
その子ってM1だから引っ張られたわけじゃないよね
シンポジウムで,どんなふうに優秀さをにじみ出してたの?

こういう出来事って海外では結構頻繁に起あるんでしょうかねぇ
日本だと,まだ「M1だから」とかいう雰囲気があって,
なかなか積極的に行動する,もしくは行動させることが無いって聞いたことがあるけど

126 :Nanashi_et_al.:02/08/08 22:05
すまそ、訂正
起ある → ある
まだ「M1 → 「まだM1

127 :Nanashi_et_al.:02/08/09 16:22
>>107

>Mに論文書かせると、はっきり言って自分で書くより3倍体力を
>使うね。アイデアも解釈も自分で出すから、
>何やってんだかわかんなくなるけど。

ここらへん,どこいらが大変なのか,詳しく聞かせてもらえないでしょうか
自分も今英論書くのに,助手さんにかなりの労力を割いてもらってるんですが
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです.
そこで,その大変な部分を聞ければ,そこらへんに注意しながら英論書くことにより
助手さんにすこしでも迷惑かけないですむんじゃないかと思たんです...

128 :通りすがり:02/08/09 21:12
>>127
自分で書いたほうが早かったりするところを、
何とかそれとなく方針転換を促していく過程は、
よほどの奇特な奴以外にはものすごい苦行。
とりあえず一生懸命、言うことはきちんと聞きつつ、
自分なりに頑張れ。
相手も実はもんのすげー頑張っていることを、忘れずにな。
真心、真心

129 :Nanashi_et_al.:02/08/10 02:23
おいらも論文チャレンジします。
がんがるぞー!

130 :Nanashi_et_al.:02/08/10 10:23
あー、オレも助手に論文にアシスト受けながら論文書いたけど
とにかくすげぇ手を加えてもらった。英文なんて丸まる変わったんじゃ
ねーの?って感じだ。
しかもrejectされて申し訳ないっす。でもまたガンバレよって激励された。
ご飯ゴチってくれたり、徹夜で面倒みてくれたり、、、ふぇ

131 :Nanashi_et_al.:02/08/11 13:26
Mで論文acceptされた方うらやましいです。
僕はMのときに国内の研究会では発表したんだけれど、
論文は先生が「俺が書く」といって書けなかったです。
ちなみにそれから3年たったけれど彼はまだその論文は
書いていません。
いつになったら書き始めるのやら。。。

132 :Nanashi_et_al.:02/08/11 13:41
>>130
私も同様。
修正された後、英語が原型をとどめてない
に近いのはちょっとショックだったけど。
感謝、感謝。

133 :Nanashi_et_al.:02/08/12 23:59
修士の頃に初めて書いたシロモノが
英語でもなんでもなかったことに気付いたのは、
D1ぐらいになってからかな。
後輩の添削をして初めて気付く、その事実・・・



134 :Nanashi_et_al.:02/08/13 00:30
I realized in the first grade of the Ph.D. course that any papers in my master course had not been writen in a proper English.
I could realize that when I was correcting a paper of my junior colleague...


135 :Nanashi_et_al.:02/08/13 01:19
はぁ?(↑)


136 :Nanashi_et_al.:02/08/13 01:26
What?

137 :Nanashi_et_al.:02/08/13 01:51
>>133の英訳が>>134
>>135の英訳が>>136

138 :Nanashi_et_al.:02/08/13 23:59
>>133 is translated in English at >>134
>>135 is translated in English at >>136


139 :133:02/08/14 22:42
134ぐらいの英語力だから、先輩/教官(っていうか俺)が苦労する。
嘘でも言いからこれくらいの英語にしてくれ。

Until the first year of Ph.D. course,
I had not realized that my first paper, which I wrote
in my M.S. cource, was written not in English but in
something like English.

I eventually noticed this fact when I checked
the first paper of my junior colleague...

・・・多分、これも間違いだらけだけど、見栄えが違うっしょ?


140 :Nanashi_et_al.:02/08/17 03:27
なんとか一本書きたい。
修論と同じ内容で2年の終わりには一本書くだろうけど(置き土産っていうか
あとのやりとりは宜しくって感じで)、その前にもう一本ぐらい…。

141 :Nanashi_et_al.:02/09/03 17:24
>>139

Too wordy.

142 :Nanashi_et_al.:02/09/23 19:36
>>123
九州の某国立大ではD3でも可能です。実際今年も一人いました。

143 :Nanashi_et_al.:02/09/23 20:36
>>134
It was not until the first year of the Ph.D program
when I realized that my first paper in MS was a kind of lingo....

144 :Nanashi_et_al.:02/09/23 20:48
まったく、英語くらいよめなくてどうするんだよぉ。
オレが翻訳しておいてやる。
まず134から。

私の夜8時は水戸黄門を見ることで過ぎて行く。これにより
研究が最近芳しくない。2ちゃんねるとどちらが悪影響が
あるのだろうか。今度統計的に調べてみよう。

次139

昨日はスタートレックをみた。めくるめく御菓子は
CMとモー蒸すの中だけでやめて欲しい。如何しよう
もないときは、ただ、ただ、パジェロをみるか、
とさかを頭につけるしかないであろう。

以上だ。厨房度もわかったか。

145 :Nanashi_et_al.:02/09/23 20:54
realizedでいいのかなあ

146 :Nanashi_et_al:02/11/05 22:03
化学系だとMで3本。Dで10本くらい必要かも。
ちなみに私はMで1本。Dで1本だった。はずかP。ODになって
慣れてくると材料・実験系だと年間3〜4本(当然国際誌)位書
くのは簡単(自由にテーマを選べば論文なんてたくさん書け
舞す)。ある研究所に就職して、テーマが限定されるとまた
昔のペースね。はずかC。

147 :Nanashi_et_al.:02/11/05 22:04
うむ。。。


148 :Nanashi_et_al.:02/11/12 18:28
ほんとに134の英語はひどいな。
そんなんで添削されちゃ後輩も迷惑だ。
139は理系英語としては良でしょう。

149 :Nanashi_et_al.:02/12/14 16:04
>>ALL
ここで作成してもらうといいよ!
自分で書くより早いし。

知育研究会
http://www.chiiku.com/thesis.htm
文章代行のジパング
http://homepage2.nifty.com/ZIPANG/bunshyo_index.html
CreativeStaff WP&D
http://www.din.or.jp/~spaceinn/data.html
スタジオエイドス
http://village.infoweb.ne.jp/~fwhx9027/daihitsu/
知的代筆(古槌代筆工房)
http://www.daihitsu.com/
WORDs工房
http://www.jnit.co.jp/honyaku/words.html
文章工房マユミ
http://www2.neweb.ne.jp/wc/kohmori/index.html
有限会社おふぃすラポート
http://wwwpat.hi-ho.ne.jp/rapport/
物書き屋
http://homepage2.nifty.com/monokakiya/

150 :M2:02/12/14 16:11
とりあえず、日本語でしたが1報あります。
半年位前に雑誌に掲載されました。


151 :Nanashi_et_al.:02/12/14 17:41
>>149
これ、あちこちに書いてあって、なんだか宣伝くさいな。うざ。

152 :Nanashi_et_al.:02/12/26 00:46
研究立ち上げB4で現在M1(生物系
1stの英論執筆中、つーか今週末を初稿締め切りにして
半月がんがって書いてます
教授が最初は書いてくれるみたいなこと言ってたけど
「自分で書いてみたいです」って言ってよかった
結構英語の勉強になって面白いしねー

でも添削後どこまで原型をとどめていることやら(w

153 :山崎渉:03/01/11 22:13
(^^)

154 :山崎渉:03/01/17 04:25
(^^)

155 :山崎渉:03/03/13 14:43
(^^)

156 :名無し募集中。。。:03/05/11 11:26
うお,こんなやる気にさせるスレがあるとは.
あと2つでdat落ちなのであげさせて頂く.

157 :Nanashi_et_al.:03/05/11 12:14
結晶成長系の人で修士で論文投稿した人はいますか?
当方 crystal growth にまずは出そうと思っているのですが,傍から見たら無謀ですか?
その後いい結果が出たら IEEE quantum electronics, Appl. Phys. lett とか考えているんですけど…

158 :Nanashi_et_al.:03/05/14 01:10
採録通知キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!


159 :Nanashi_et_al.:03/05/16 20:53
やっぱり無理なのかなー

160 :山崎渉:03/05/21 23:34
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

161 :山崎渉:03/05/28 14:45
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

162 :山崎 渉:03/07/12 13:02

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

163 :山崎 渉:03/07/15 12:50

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

164 :なまえをいれてください:03/07/17 17:45
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

165 :山崎 渉:03/08/15 19:29
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

166 :Nanashi_et_al.:03/09/03 01:21
漏れM2電気学会に投稿しますた
現在査読中・・・日本の電気学会は厳しすぎるよ.
面白いこと書いても査読者につぶされる.あぁ査読評価は何で返ってくるのでしょうか.

167 :Nanashi_et_al.:03/10/22 16:06
投稿完了age

168 :Nanashi_et_al.:03/10/22 23:49
>166
あの投稿料を見ても分かるように、
日本の電気学会は金儲けに走っておりザルだ。
通らなかったらよっぽどつまんないんだよ。
っていうか、面白い結果がでたらもっと違うところに出す。
これ常識。

ネタにマジレスな訳だが・・・

169 :Nanashi_et_al. :03/10/27 22:46
こちらM2(というかD0)ですが、、、
がくしんに有利と言われてやっとこさ一本書いたんだが、
教授に見せたらそのうちと言ってお蔵入りの模様。(既に1か月経過)
教授は現在留学生D3何とか出そうと必死。
、、完全に後手を踏んだな。。。

というわけで、M1のうちには書こう!


170 :169:03/10/27 22:48
× そのうちと言って
○ そのうちと言われて

日本語ヘンですな。
こんな感じの英文だから教授も破り捨てたのではなかろうか。。。

171 :Nanashi_et_al.:03/10/27 22:51
4年生のネタで論文書きました。

172 :Nanashi_et_al.:03/10/28 10:15
B4ですが、馬鹿なMに捨てネタをくれてやりました。
馬鹿は馬鹿なりに精一杯生きていってもらいたいと思います。

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)