2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

26461mmの凄さを語るスレ

1 :名無しSUN:03/07/23 13:05
チェラプンジ

2 :名無しSUN:03/07/23 13:20
2ゲト!!(・∀・)v

3 :名無しSUN:03/07/23 20:05
これ何の数字?

4 :名無しSUN:03/07/23 20:15
最大年降水量 26461mm チェラプンジ(インド・メガラヤ州) 1860年8月〜1861年7月

5 :名無しSUN:03/07/23 20:26
年降水量って、1月〜12月とは限らないんだね

6 :名無しSUN:03/07/23 20:50
つか1860年って
測れたのか

7 :名無しSUN:03/07/23 20:51
このときって
ひと月で9300mm降って、それも記録なんだよな

8 :名無しSUN:03/07/25 00:14
xd

9 :名無しSUN:03/07/28 16:33
67

10 :英語(1):03/07/28 17:35
Statement
Advanced climate services by NMHSs and required international cooperation for their realization
The Meeting of National Meteorological and Hydrological Service (NMHS) Directors on Advanced Climate Services in the Asia/Pacific Region was
held in Tokyo from 8 to 9 July 2002, attended by directors or representatives from eight NMHSs and two international organizations. At the meeting, participants
adopted the following statement to facilitate advanced climate services by the NMHSs and international cooperation for their realization.

1. In recent years, loss of human lives and damage to property caused by natural disaster have increased throughout the world.
There is concern that the frequency of severe events such as typhoons, floods, wild fires, dust storms and drought may be affected by climate change.
Therefore, climate information plays an increasingly important role in the protection of life and property and the development of socio-economic activities.

2. The recent marked scientific and technological progresses have led to the enhanced performance of seasonal to interannual (SI) forecasts, probabilistic SI forecasts, and efficient information technology (IT)-driven provision of climate information,
particularly prediction products. It has now become possible to provide the advanced climate services which are necessary for policy makers and other users to develop and implement effective plans in various fields.

3. It is an important mission for each NMHS to provide appropriate climate information and to promote its utilization.
Particularly, NMHSs, which are responsible for the observations, analyses and predictions of weather and climate of the country,
should issue early advice of the increased likelihood of natural disasters to facilitate mitigation activities.


11 :英語(2):03/07/28 17:39
4. NMHSs can and should contribute to sustainable development by providing advanced climate services to enable early and efficient management in a variable and changing climate.
In order to realize such services, NMHSs should promote close collaboration with various users including policy makers to share with them a wide range of knowledge and
understanding on the needs for the climate information, its technological capabilities, and its effective and appropriate usage.

5. In the Asia/Pacific and other regions, for the purpose of provision of high quality climate
services based on advanced science and technology there are pressing requirements for international technical cooperation.
This includes the operational exchange of climate data and products, training and capacity building,
and technology transfer on climate data management.


12 :英語(3):03/07/28 17:40
6. The Asia/Pacific region is vulnerable to the influences of ENSO, monsoons, and other large scale climate variabilities.
The region ranges from tropics to extratropics, from mountainous/arid to small island/low land nations, and the impacts of
such phenomena vary from one country to another.
Therefore, international frameworks for climate services for the region should ensure the access to the essential products,
including climate indices and grid point values of numerical prediction models, to be applied for various purposes,
and should promote the exchange of the technology to enable such applications.
This should support NMHSs in making available climate information tailored to the national users.

7. As a framework for the international cooperation, the concept of the Regional Climate Centers promoted by the World
Meteorological Organization (WMO) is considered appropriate and expected to be realized soon to facilitate and advance
the climate services in the world.
In this context, operational provision of key climate information and capacity building activities, planned to be offered
by the Tokyo Climate Center of the Japan Meteorological Agency (JMA), the initiative of the Korean Meteorological Administration (KMA)
related to multi-model ensemble forecasting,
and other initiatives in the region are seen as important contributions to the
international framework to enhance the regional capabilities of climate services.

13 :翻訳:03/07/29 03:03
ステートメントそれらの実現用のNMHSおよび要求された
国際協力による高度な気候サービスアジア/太平洋圏の高度な気候サービス上の全国気象で
Hydrologicalなサービス(NMHS)管理者の会合は、8つのNMHSおよび2つの国際的な組織からの
管理者あるいは代表が参加して、2002年7月8日から9日まで東京で開催されました。
会合で、参加者は、それらの実現用のNMHSおよび国際協力によって高度な気候サービスを促進するために
次のステートメントを採用しました。

1. 近年、人命の損失、および自然災害によって引き起こされた財産への損害は、世界の至る所で増加しました。
台風、洪水、野生の火、砂塵嵐および干ばつのような厳しい出来事の周波数が、気候変化によって影響されるかも
しれないという懸念があります。したがって、気候情報は、生命と財産の保護およびsocio-経済活動の開発に
ますます重要な役割を果たします。

2. 最近の印のある科学技術の進行は、相互年鑑(SI)予測、蓋然論のSI予測および
効率的な情報技術(IT)に季節のことの増強された実行に結びつきました。
― 気候情報、特に予測製品の運転された準備。様々な分野での有効な計画を展開
しインプリメントする政策メーカーおよび他のユーザに必要な高度な気候サービスを
提供することは今可能になりました。
3. 各々NMHSが適切な気候情報を提供し、その利用を促進することは重要な使命です。
?チに、NMHS(それらは、観察、天候の分析、予測および国の気候の原因である)は、
緩和活動を促進するために自然災害の増加した可?\性の初期の助言を出すべきで
す。


14 :翻訳2:03/07/29 03:05
4. NMHSは、初期に可能にする高度な気候サービスおよび変数中の効率的な管理
の提供および気候の変更により、持続可能な開発に寄与し寄与するべきです。
様々なユーザがそれらと気候情報、その技術的な能力およびその有効で適切な
使用法の必要に関する、広範囲の知識および理解を共有するために政策メーカー
を含めて、そのようなサービスを実現するために、NMHSは接近している共同作業を
促進するべきです。


5. の中で、その、アジア/太平洋と他の地方、高度な科学に基づいた
高品質気候サービスおよび技術の準備の目的で、国際的な技術提携用の
緊急の必要条件があります。これは、気候データおよび製品の運用上の交換、
トレーニングおよびキャパシティー建物、および気候データ管理上の技術移転を
含んでいます。


15 :翻訳3:03/07/29 03:09
6. アジア/太平洋の地域は、ENSO、モンスーンおよび他の大規模な気候変わりやすさの
影響に弱い。回帰線からextratropicsまでの地域範囲、から、小さな島/最低値土地
国家およびそのような現象のインパクトに山地の/乾燥、ある国から別の国へ変わり
ます。したがって、地域のための気候サービス用の国際的なフレームワークは、
様々な目的のために適用されるために数の予測モデルの気候索引および
グリッド・ポイント価値を含む本質的な製品へのアクセスを保証するべきであり、
技術の交換をそのような適用を可能にすると促進す?驍ラきです。
これは、利用可能な気候情報を全国ユーザに適合したする際にNMHSを支援する
べきです。

7. 国際協力用のフレームワークとして、世界気象機関(WMO)によって促進された
地方気候センターの概念は、適切であると考えられ、世界で気候サービスを促進し
進めるためにすぐに実現されることを予期しました。
この情況、キー気候情報の運用上の準備およびキャパシティー建物活動では、気象
庁(JMA)の東京Climateセンター、全体予報を多重モデル化すると関連する韓国の
気象の局(KMA)のイニシアチブおよび地域の他のイニシアチブによって提示される
ことを計画した、気候サービスの地方能力を増強するために国際的なフレームワーク
への重要な寄付と見なされています。

全て直訳


16 :名無しSUN:03/07/31 01:36
エロエロなサイトをついにハッケーーーーン!
女子校生の毛の無いツルツルおまんこ!(☆∀☆)無毛われめ!
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/wareme_tatesuji/omanko/


17 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:06
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

18 :名無しSUN:03/08/04 21:41
qb61

19 :サンダーハルク偽者:03/08/12 23:13
日本の年間最多降水量の記録が8403mm
日本の年間最多降水量の3倍以上が降ったわけでつか。

20 :山崎 渉:03/08/15 18:19
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

21 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)